catch-img

採用広報費0円で求職者に出会える!?Twitter(ツイッター)採用!

全国の緊急事態宣言が解除された現在、「テレワーク」「Web面接」「オンライン研修」など日本の社会人は「楽でなるべく手間のかからない方法」を選択する思考へと変化していると言えます。

そのなかで、人事や採用担当者の間で注目されているのが「Twitter採用」です。

今回は
「Twitterを始めてみたい」
「今後Twitterでも採用できる導線を作りたい」
そんな人事、採用担当者向けに情報をまとめました!ぜひご参照ください!

目次[非表示]

    1. 0.1.そもそもTwitter(ツイッター)とは?
      1. 0.1.1.140文字以内で情報をアウトプットするSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
    2. 0.2.Twitter(ツイッター)で採用を始めるべき理由
      1. 0.2.1.1.無料で始められる
      2. 0.2.2.2.全ユーザーの約3分の1が日本人ユーザー
      3. 0.2.3.3.求職者は社内の雰囲気や採用担当者を知りたがっている
    3. 0.3.Twitter(ツイッター)で採用を始める際、気をつけたいこと
      1. 0.3.1.1.つぶやき始める前にどんな人材を採用するかターゲットを決める
      2. 0.3.2.2.炎上するつぶやきや対応をしない
      3. 0.3.3.3.Twitterは根気よく長く続けよう
    4. 0.4.Twitter(ツイッター)で採用成功した事例集
      1. 0.4.1.株式会社ヨシタケ様
      2. 0.4.2.株式会社はたらクリエイト様
      3. 0.4.3.株式会社八百鮮様
    5. 0.5.今すぐTwitter(ツイッター)で採用活動をはじめよう!



そもそもTwitter(ツイッター)とは?

140文字以内で情報をアウトプットするSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

Twitterをかんたんに説明すると
「人事の業務って楽しい!」「いい人採用したい!」「会社をこうしたい!」
と今の自分の気持ちや考えを140文字以内にまとめて世界に発信(ツイート)するSNSです。
そのツイートを見たユーザーと交流したり、TLに(タイムライン)に流れてくる他のユーザーのツイートを見て情報収集するのが主な利用方法です。

Twitter(ツイッター)で採用を始めるべき理由

1.無料で始められる

なんといってもTwitterは無料で利用できるのが一番のメリット!
就職みらい研究所が発表した「就職白書2020」によると採用にかかる平均コストは

2019年度新卒採用及び中途採用1人あたりの平均採用コスト
新卒採用(2020年卒) 93.6万円
中途採用       103.3万円

※18年度の平均採用コスト
新卒採用 71.5万円
中途採用 83.0万円
と比べると、いずれも増加している。

参考:就職白書2020

となっています。
また、紹介会社に依頼をしても1人あたり百数十万円の費用がかかります。
しかしTwitterで中途採用ができれば実質0円になるのです。

そして、求職者は企業アカウントを見て「自分に合っているな」と判断し声をかけてくれるので、紹介会社から採用するよりも優秀な人材に出会える可能性も高いでしょう。

2.全ユーザーの約3分の1が日本人ユーザー

Twitter社の発表によると

2017年10月時点で、日本人ユーザーが4500万人を達成
2019年12月時点で、日間総アクティブユーザー数は約1億5000万人

参考:Q4 and Fiscal Year 2019 Letter to Shareholders

と言われています。つまりはざっくりいうと全ユーザーの約3分の1が日本人ユーザーです。
4500万人の日本人に自社を知ってもらえるチャンスがあると考えると、始めない理由はないでしょう。

またマイナビによる、2020年卒業予定の大学生・大学院生に向けてのライフスタイル調査では

「よく利用するSNS」では、利用率の高い順にLINE(男子93.5%、女子96.5%)、Twitter(男子76.0%、女子77.6%)、Instagram(男子48.9%、女子72.3%)と続いた。

参考:2020年卒業予定の大学生が利用するSNS、トップ3はLINE・ツイッター・インスタ

という結果が出ており、学生の間で男女ともによく利用されているSNSと言えます。
新卒・中途採用ともにTwitterを使っていきましょう!

3.求職者は社内の雰囲気や採用担当者を知りたがっている

2017年にLinked Inが世界14,000人以上の専門職の人を対象に行ったアンケート調査では

「内定者が社風を知る方法」
※選択肢を3つまで選択するアンケート方式

  1. オフィスツアー 51%
  2. 採用担当者の話を聞く 50%
  3. 社員の話を聞く 46%
  4. 企業サイトから知る 27%
  5. リクルーターから聞く 24%

参考:The Top 5 Ways Candidates Want to Learn About Your Company Culture

という結果が出ています。Twitterを使って社内の様子や採用担当者の業務を発信することで実際に足を運んでもらわなくても日本全国の求職者に会社のことを認知してもらえます。
また求職者・担当者、両者の時間や採用にかかるコストを割くことにもつながります。

Twitter(ツイッター)で採用を始める際、気をつけたいこと

1.つぶやき始める前にどんな人材を採用するかターゲットを決める

Twitterを使って採用を始める前に一番力を入れるべき部分、それは「ターゲットの設定」です。
Twitterはフォロワー数が重視される傾向にありますが、いちばん大切なのは「採用したい人材に会社のメッセージが届けられているかどうか」です。

そのためにはまず「採用したい人物像」ってどんなものだろう?と考える必要があります。

先述した2017年にLinked Inのアンケート調査の中に

「内定者はリクルーターから何を聞きたいか」

  1. 仕事内容 89%
  2. 給与 72%
  3. 会社概要 69%
  4. 採用理由 54%
  5. 役職 54%
  6. 社風 40%
  7. 社訓 27%

参考:The Top 5 Ways Candidates Want to Learn About Your Company Culture

というものがあります。

上記のアンケート結果と「採用したい人物像」をかけ合わせて

  • ウチの会社はこういうことやってます
  • 社員さんはこんな感じで働いています
  • みんな楽しくお仕事してます

というような会社の日常をツイートすることから始めると良いでしょう。
「Twitterで採用」というと難しく感じるかもしれませんが、まずはありのままの会社の雰囲気をアウトプットしていきましょう!

また、まめに同業者の採用担当者や企業アカウントをフォローして情報収集したり、そのつぶやきに対してコメントをすることでつながりが生まれ、周囲に認知してもらえます。

【ターゲット設定をするうえで役立つ情報】

  ソーシャルスタイルとは?4つのタイプとその特徴をご紹介! | 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア 「会社でどうしても馴染めない人がいる」「新しいチームの人員配置に悩んでいる」そんな方にぜひおすすめしたいのがソーシャルスタイル診断です。今回はそのソーシャルスタイルとは何なのかまとめました! 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


  MBTIとは何か?特徴と組織に導入するメリットを紹介! | 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア 自己理解や他者理解を深めるための有効な手法であるMBTIとは何なのか?その特徴と組織に導入するメリットについて紹介します。 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


2.炎上するつぶやきや対応をしない

Twitterで採用をする上で怖いのが炎上し会社の評判が落ちてしまうこと。
そこで炎上する可能性があるツイートの種類をまとめてみました!

  • 災害に関するツイート
  • 差別に関するツイート
  • 思想・宗教に関するツイート
  • スポーツやスキャンダルに関するツイート
  • 政治に関するツイート
  • セクシャルなツイート(LGBT関連も含む)
  • 同じ内容のツイートを繰り返す(スパム行為)

以上のものを避けた内容のつぶやきにしましょう。

また、いざ求職者から連絡があった際はインターネット上でのやりとりのため、始めは相手の顔が見えません。誠意を持って対応しましょう。

他にも会社の商品に対するクレームのようなつぶやきを発見してしまった際も、勇気を持って一声かけてみましょう。うまく対応できれば会社の評判を上げられる可能性もあります。

3.Twitterは根気よく長く続けよう

「Twitter始めてみたけど、求職者からの連絡が来ない」

そうなんです。実はTwitterでいきなり採用できるものでは無いのです。
Twitter採用は「楽」ではなくどちらかというと「泥臭い」ものかもしれません。
※大企業で日本や地域に名が知れ渡っているのであれば別です。

というのもTwitter採用の流れは

  1. 認知
  2. 興味
  3. 選考
  4. 採用・内定

このようになっています。まずはいろんなユーザーに会社について認知してもらい、興味を持ってもらうこと、これから始めなければなりません。

「まずは1日10ツイート」
これをまずは目標にTwitterを始めましょう!一人でやるのではなく社内のメンバーを誘って一緒にTwitterをはじめてみるのも良いでしょう。


Twitter(ツイッター)で採用成功した事例集

株式会社ヨシタケ様

愛知県名古屋市に本社を構える配管設計の要となるバルブを製造する上場企業。
なんと採用担当の方は、広報費0円で52名の就活生と出会っていらっしゃいます。
人事、採用担当者さんはnoteのコラム、必見ですよ!

会社URL:https://www.yoshitake.co.jp/

株式会社はたらクリエイト様

長野県でオンラインによるオフィス業務代行をメインに活躍されている企業。
株式会社はたらクリエイト様は複数のメンバーがTwitterで情報発信をおこなっており、認知を広げています。

会社URL:https://hatakuri.jp/

このツイートに対して

としっかり社内のメンバーが反応しているのも見ている側としては
「あぁ、いい雰囲気の会社なんだな!」と好印象を抱くでしょう。
社内の写真を一緒に投稿することで、女性が働きやすい環境もアピールしています!

株式会社八百鮮様

「日本に、鮮度を。」をモットーとした八百屋を全国に5店舗展開している大阪府の企業。
代表の市原さんは普段から仕事風景をツイートしており、楽しく働く社員さんの顔が見えます。また公式HPや写真も基本、白黒がベースになっており、こだわりが感じられます。

会社URL:https://yao-sen.co.jp/

もしTwitterをすでに利用しているのであれば「Twitter採用」でキーワード検索すると、さまざまな成功事例やアドバイスが見られるので、ぜひお試しください!!

今すぐTwitter(ツイッター)で採用活動をはじめよう!

「採用広報費0円で求職者に出会える!?Twitter(ツイッター)採用!」はいかがだったでしょうか?

Twitterで採用をするコツは「情報を発信し続け、会社のビジョンに共感してくれる人を増やす

…このようなイメージで取り組むことです。「Twitter採用」といってもそのゴールは「人材の確保」ではなく「会社が成し遂げたいことに一歩近づくこと」ですよね!
実は当サイト「採用ハック」もTwitterアカウントがあり、先日ようやく100フォロワー達成しました。達成するのに約1ヶ月程度かかりました。その間、特段「フォロワー数を増やしたい!」という思いに駆られたわけではなく、どちらかというと「全国の人事、採用担当者さんが得するような情報を発信したい」という思いでつぶやいていたのでそこまで辛くありませんでした。むしろ日々勉強になることばかりで楽しいです!

もし、まだTwitterをはじめていないようであればぜひ登録して、日本を一緒に盛り上げていきましょう!

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪