catch-img

ご存知ですか?BtoB企業がTwitter(ツイッター)で成果を上げる方法

BtoB企業の取引相手は法人のため、BtoC企業のように積極的にSNSで宣伝をする時間を取っている企業はそれほど多くはないのではないでしょうか。しかしBtoB企業がおこなっている事業が見えづらいからこそSNSで情報を発信したり、つながりを作っていくことで新たな顧客と出会うことも可能なのです。

今回は日本人に人気のTwitterでBtoB企業が成果を上げるためのコツをご紹介します。

目次[非表示]

    1. 0.1.そもそもTwitter(ツイッター)とは
      1. 0.1.1.140文字で情報発信するSNS
      2. 0.1.2.Twitterのユーザー数
      3. 0.1.3.BtoB企業がTwitterを利用することで得られる効果
    2. 0.2.BtoB企業がTwitter(ツイッター)で成果をあげる方法
      1. 0.2.1.すでにいる顧客や顧客候補の考えを理解する
      2. 0.2.2.専門知識を披露する
      3. 0.2.3.オンラインからオフラインにつなげる
    3. 0.3.BtoB企業もTwitter(ツイッター)を使い、世界とつながろう


そもそもTwitter(ツイッター)とは


そもそもTwitterとは何なのでしょうか。かんたんにご説明します。

140文字で情報発信するSNS

Twitterは「マイクロブログ」と呼ばれるシステムで、ツイートと呼ばれる140文字以内の短い投稿を送受信し合い交流していくSNSです。Twitter上では好きなユーザーをフォローすると、その人のツイートを自分のTwitterの「タイムライン」で閲覧できます。

他の人がツイートした情報をリツイートすることもできます。リツイートをすると他のユーザーのタイムラインにツイートが表示されるため、多くの人と迅速かつ効率的に情報を共有できます。

Twitterのユーザー数

Twitter社は2020年第1四半期の時点で世界中で1億6,600万人のアクティブユーザーがいることを発表しています。またそのなかで日本は4,845万人という世界2位のユーザーが利用しています。

★Twitter:デイリーアクティブTwitterユーザー数(mDAU)の推移
https://www.statista.com/statistics/970920/monetizable-daily-active-twitter-users-worldwide/

★2020年4月時点でのTwitterユーザー数に基づく先進国
https://www.statista.com/statistics/242606/number-of-active-twitter-users-in-selected-countries/

2020年6月時点での日本人人口が1億2593万人なのでざっくりですが日本人の約3分の1が利用しているといえます。Twitterは匿名で利用可能なため日本人に馴染みやすいのでしょう。

BtoB企業がTwitterを利用することで得られる効果

BtoB企業がTwitterで情報発信していくことで得られる効果は以下のものが考えられます。

  • 見込み客に存在をアピールでき、惹きつけられる
  • クライアントとの交流やエンゲージメントを得られる
  • ブランド認知度の向上を狙える
  • オーディエンスの理解を深められる

Twitterは無料でサービスを利用できます。利用しない手はないでしょう。

BtoB企業がTwitter(ツイッター)で成果をあげる方法



では実際にBtoB企業はTwitterでどのようなことをすれば良い効果を得られるのでしょうか。

すでにいる顧客や顧客候補の考えを理解する

「よし、アカウント登録したし、さっそくつぶやこう!」

…ちょっと待ってください!BtoB企業でTwitterアカウントを運用する前にぜひ考えてみてほしいことがあります。

御社の顧客(顧客候補)は

・何が好きですか?
・何が嫌いですか?
・どのようなコンテンツをシェアしたがると思いますか?
・いつ、どのようなタイミングでTwitterを見ると思いますか?
・自社のインフルエンサーになりえるような人はいますか?

これらの情報はすべて、Twitterでの今後の取り組みを決めていく上で重要な情報です。
まずは彼らをフォローし、彼らのツイートに「いいね!」をしたり、定期的にリツイートやコメントをつけて注目を集めましょう。またPC版のTwitterにはTwitter Analyticsというツイートの検証ができる機能があるため、そちらを利用し検証するのもオススメです。

専門知識を披露する

自社が知っているすべてのことを披露することで、同じBtoB企業の競争相手よりも優れているのかをアピールしましょう。

  • 出版物を購入し読む
  • ニュースレターを購読する
  • カンファレンスやイベントに参加する
  • オンラインフォーラムを閲覧する
  • ソーシャルメディアを利用する

これらのことをおこない、業界のニュースやトレンド、戦術を常に把握しておきましょう。
継続的に情報収集を行うことで、関連性の高いツイートができます。それによりBtoB企業が得意とする分野で「○○といえばこの人」と御社のことを思い浮かべる人が増えることでしょう。

ただ専門知識だけをツイートするのも面白みがないので以下のようなツイートもおすすめです。

  • BtoB企業の写真や動画を投稿する
    →「140文字でツイートするのが難しい!」そのような内容は写真や動画を添えましょう。イベント、製品、顧客、オフィスの取り組みの写真やウェブキャストやウェビナー、BtoB企業の紹介などの動画がオススメです。ツイートに画像や動画が付いているとより多くの感心をひけます。
  • BtoB企業のウェブサイトURLをツイートする
    →他の関連ページや記事を共有することで、ソーシャルメディアからウェブサイトやブログへ誘導しましょう。
  • BtoB企業のブランドをアピールする
    →自社ブランドはきっちり系?エンタメ系?などブランドイメージによって、きっちりした内容にするか親しみやすい内容にするかなど考えてみましょう。
  • 顧客が抱えている質問や悩みに答える
    →BtoB企業のTwitterビジネスでは他の人が質問をしたり、価値ある回答を受け取ることができるようにしておくことが重要です。Twitterではキーワード検索で他ユーザーのツイートを閲覧できるため、一度自社製品の名前などで検索してみましょう。
  • BtoB企業の従業員を巻き込んでツイートする
    →BtoB企業の認知度を上げるための最もかんたんな方法は従業員からアプローチしてもらう方法です。まずは従業員にフォローしてもらいリツイートを促しましょう。
    BtoB企業のTwitterアカウントは1つに絞るべきではありません。関連する情報をさらに共有したり、ソーシャルメディア上で発散させたりして、より多くの顧客にリーチできるような、仕事ベースのアカウントを作成するよう協力を仰ぎましょう。

オンラインからオフラインにつなげる

顧客候補とソーシャルメディア上で関係を構築することで、次のステップであるメールや電話での会話、実際に会っての相談など次のステップへ進められる可能性が高まります。Twitterのコミュニティを利用してネットの世界を超えたリアルな関係を築いていきましょう。

BtoB企業もTwitter(ツイッター)を使い、世界とつながろう

いかがだったでしょうか。

B2B企業がTwitterをどのように活用するかで、オンライン上のマーケティングを成功に導けます。
そのためには、ユーザーが読みたいと思うようなターゲットを絞ったコンテンツを共有しながら、自分の存在を価値あるものにし、興味を惹くようなアカウントに育て上げていく必要があります。

ひとりの力でBtoB企業のTwitterアカウントを運用していくのは大変なので、ぜひ企業一丸となって取り組んでいきましょう。

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき