catch-img

スタンバイの掲載は代理店経由がおすすめな3つの理由

「スタンバイにクローリングで掲載しているけど効果がない」
「かんたん求人作成経由でスタンバイに掲載しているけど、そろそろ有料掲載したい」
「スタンバイを運用する時間がないので代理店に頼みたい」

Indeed(インディード)とは別の求人検索エンジンに掲載する目的でスタンバイを利用する企業が徐々に増えてきています。
しかしIndeedと合わせて運用するには人員や時間が足りなかったり、思ったように効果が出なかったりと問題が出る場合もあります。そんなお困りな方々におすすめするのが代理店経由でのスタンバイの利用です。
このコラムでは代理店経由でスタンバイに求人を掲載ことで得られる効果についてまとめましたのでぜひご参照ください!


かんたんにスタンバイをおさらい


そもそも「スタンバイ」とは何か、かんたんに復習したいと思います。


スタンバイは求人検索エンジンの一種

スタンバイはIndeedや求人ボックスといった求人検索エンジンの仲間で、Web上に掲載されている求人情報をひとまとめにしたサイトです。そのようなサイトは専門用語で「アグリゲーションサイト」とも呼ばれています。
求職者が望むキーワードを入力すればそれにあった求人情報を表示してくれるので色んなサイトを見て回らなくてもよい、非常に便利なサービスとなっています。


スタンバイの特徴

スタンバイに求人を掲載すると同時に「Yahoo!(ヤフー)しごと検索」にも求人が掲載されるという特徴があります。
これはIndeedや求人ボックスといった求人検索エンジンのなかでも、スタンバイだけが持つ特徴。この「Yahoo!しごと検索」はYahoo!で求人を検索した際、人気のIndeedやタウンワークを差し置いて無条件で上位表示されるコンテンツです。そのためGoogleユーザーだけではなくYahoo!ユーザーにも訴求をかけたい場合に有効です。


またその他、スタンバイのサイト内で地域や職種によって個別に特集が組まれているため地方で求人をかけたい場合やある程度特殊な職種での採用を考えている場合も利用してみると良いでしょう。


スタンバイへの掲載料金


【各求人検索エンジン・クリック単価の価格比較】

スタンバイ
Indeed
求人ボックス
30円~1000円
15円~999円
・30円
・50円
・50円~100円
※3種類のプランから選べます。
50円~100円のクリック単価は自分で調整不可。


スタンバイへの掲載方法


スタンバイに掲載する方法は4つあります。


  1. クローリング
    既にある自社の採用サイトの求人情報をスタンバイのロボットに読み取ってもらう
  2. データフィード
    スタンバイが用意した専用のフォーマットに求人情報をまとめて入力し、そのデータを元に掲載してもらう
  3. 「かんたん求人作成」から求人を掲載する
    株式会社ビズリーチが運営するアプリ・サービスを利用して掲載
  4. スタンバイに対応した採用管理システム(ATS)を利用する
    求人の作成から応募者情報の管理、採用までを一括で行えるシステム。システムの提供元によってサービス内容も異なるので下調べが必要。


現在の掲載方法によって、代理店に移行する手段も変わってくるため事前にチェックをしましょう。


スタンバイを代理店経由で利用することにより得られる効果

スタンバイを代理店経由で利用するとどのような利点があるのでしょうか?3点まとめてみました。


クリック単価の調整をしてくれる

先述しておりますがスタンバイは50円~1000円の範囲でクリック単価を調整できます。クリック単価が低すぎれはクリックされず応募は増えませんし、逆に高すぎると無駄にクリックされてしまい費用だけがかさんでしまう恐れがあります。募集する地域や職種により適正のクリック単価は異なってくるため、運用実績のある代理店に任せることにより月額の費用やその内容により適正なクリック単価に調整してくれます。


求人の原稿改善をしてくれる

すでにクローリングやかんたん求人作成、ATSを利用しスタンバイに掲載している場合でも、その求人情報の内容に不備があるとスタンバイの掲載から外されてしまいます。またそのガイドラインを遵守しつつも、求職者にクリックしてもらうためには求人原稿内に人気のキーワードを入れるなどテクニックが必要となります。
広告代理店には時期によって検索されやすくなるキーワードや、現在人気のキーワードなどさまざまな情報が集まるため、原稿作成はお手のもの。求人作成の手間を省きたい場合にはぜひ利用してみると良いでしょう。


コスト削減を目指せる

ただ求職者からの応募を増やすだけではなく、「採用したいターゲット」からの応募数を効率よく増やしてくれます。その結果、雇用のミスマッチが減り、通常よりもコストが削減できた・・・ということも!


スタンバイを代理店経由で利用する方法


いざ、スタンバイを代理店経由で利用したい場合、どのような方法があるのでしょうか?


すでにスタンバイと直接契約している場合

「すでにスタンバイと直接契約をしているけど、代理店へと移行したい」 そんな場合は以下の流れとなります。

  1.  スタンバイへ直接契約の解除を申し出る
  2.  代理店よりスタンバイへ申込み書を送付し切り替え手続き

なにはともあれ、まずはスタンバイへ連絡するのが早いです。


自社の採用サイトを持っていない、もしくは「かんたん求人作成」を利用している場合

自社の採用サイトを持っていなかったり、「かんたん求人作成」を利用している場合、そのまま代理店経由でスタンバイに掲載することはできません。そのため、スタンバイに対応している採用管理システム(ATS)の利用をおすすめします。ちなみに当サイトを運営しているインビジョンの場合、「HRハッカー」というATSを提供しています。「HRハッカー」で作成した求人はスタンバイだけでなくIndeedや求人ボックス、Google for jobsなどにも掲載される特徴があります。詳しくは下記のコラムをチェックしてみてください!


★参考:【PR】IndeedやGoogle for jobsへ一括で求人掲載する方法

他の代理店から切り替えたい場合

>スタンバイの運用を今の代理店から新しい代理店に切り替えたい場合の流れは以下の通りです。

  1. 「旧代理店」から「スタンバイ」もしくは「新代理店」に向けて移管内容の連絡をする
  2. それを元に「新代理店」は「スタンバイ」に契約移管日などの情報を提供、申込書を送付。
  3. 「旧代理店」は切り替え日までに広告を停止、停止後に「スタンバイ」に連絡
  4. 「スタンバイ」がアカウント情報の変更などをする
  5. 「新代理店」での運用が開始

※移管の内容や管理画面をそのまま移行するかどうかにより運用開始日が決まっておりますので詳しくはスタンバイ、もしくは代理店にお問い合わせください!


スタンバイの運用が手間なら代理店を使うのもアリ!

いかがだったでしょうか。これからの時代Indeedだけではなくその他の求人検索サイトでも掲載を考えていく必要があります。そうなった場合、時間もコストも解決してくれるのが広告代理店です。もし利用する場合は広告代理店によって費用やそのサービス内容には違いがありますので事前にお問い合わせするのをお忘れなく!広告代理店と直販の違いについてのコラムも過去に掲載していますのでチェックしてみてください!


★参考:求人広告代理店と直販の違い  〜成功する代理店の選び方〜

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪