catch-img

採用手法のトレンドを押さえることが本質ではない訳

「採用したいって思える人から応募が少ないなぁ。」

「もしかして採用手法が古いのかも?!」

「採用手法のトレンドってなんだろう?」


と、感じている採用担当の方はいらっしゃいませんか?

もちろん、採用手法のトレンドを押さえることは大切です。


しかし、そこを押さえるえたからといって、採用が成功するわけではありません。


本日は、「採用手法のトレンドを押さえることが本質ではない訳」について解説していきたいと思います。



1 流行りの採用手法導入=課題解決ではない


「採用手法のトレンドを押さえることが本質ではない」と冒頭にお伝えしました。

まずはその理由を解説していきます。


1-1 そもそも課題の特定が重要

「採用力」は、以下の方程式に当てはまります。


採用力=企業力×労働条件×採用活動(実務・広報)


採用手法は、採用活動の中の一部です。

採用手法をトレンドにしたとしても、企業力・労働条件に課題があると、採用力が強化されないのは、一目瞭然ですね?

採用手法のみに焦点をあてるのではなく、「どこに課題があるのか?」を特定することが重要になるという訳です。


1-2  事例は事例、隣の芝生は青く見える

「同業の○○株式会社も、あの採用手法を使ってたからウチも使おう!」

といった事例で採用手法を決めたケースはありませんか?


1-1でもお話したように、採用手法を改善しただけで採用力は強くなりません。

まずは自分たちを見つめ直して、改善ポイントを探し、自分たちに合った採用手法を見極めましょう。


2 採用手法のトレンドよりも重要なポイント5選


1章では、「課題特定の重要度」についてお話しました。

2章では採用手法のトレンドよりも重要なポイントを5つに絞って解説いたします。


2-1 ①事業計画に沿った人員計画

今、採用を考えている職種は本当に必要ですか?

いざ、採用したとしても事業計画に沿った採用でなければ、固定費ばかり膨らんでしまうリスクがあります。

改めて事業計画に沿って人員計画を考えてみましょう。


2-2 ②事業戦略に沿った採用ターゲット設定

採用ターゲットを明確にする方法は以下の通りです。

・どんなスキル(スペック)を持った人を採用したいのか

・どんなタイプ(人間性)の人を採用したいのか

・その中で、MUST(絶対必要!!)・WANT(持っていればいいなー)に分けているか


事業戦略に沿って、改めて採用ターゲットを明確にしてみましょう。


2-3 ③社員共通のビジョン

社員共通のビジョンが描けていますか?

求職者は、時代の変化に合わせてその会社が存続する「意味」を大事としています。


ビジョンに惹かれて入社したとしても、社員がビジョンを体現していなければ入社後のギャップが生じ、離職につながってしまうケースが考えられます。

もし、ビジョンを言語化できていないのであれば、今までやってきた事業や歴史を振り返り、改善ポイントを見つけていきましょう。


2-4 ④ターゲットが応募したくなる情報の言語化

応募が来ない、ターゲットとズレている、離職が多い、などといった採用のお悩みの理由の多くはここにあります。


求人ではありきたりなメッセージが多く、それでは他社と差別化できません。

自社の魅力や伝えたい思いを改めて考えて、どのようなニュアンスで発信するのがいいのか、もう一度考えてみましょう。



2-5 ⑤費用対効果の見える化

働き方が多様化する現代に合わせ、たくさんの採用手法が新しく生まれてきています。

採用のトレンドを導入するだけでなく、

・何の手法にいくら支払ったのか

・応募数はどうだったのか

・採用数はどうだったのか

・離職率はどうだったのか

など、指標を設け、費用対効果を見える化してみましょう。

今後の採用手法を選定する際に大きく役立つかもしれません。



まとめ 流行はいずれ廃る、変わらないものを見つけるのが重要


本日は、「採用手法のトレンドを押さえることが本質ではない訳」について、解説してきました。


先ほどもお話した通り、働き方の多様化に合わせ、採用に関するサービスはどんどん増えてきています。

ただ単にトレンドを試すのではなく、

人の心に刺さる変わらないもの」を見つけ、発信し続けることが採用成功にとても大事になってくると私たちは考えます。


とはいえ、これを言葉にするのは難しいですよね。

まずは状況をお伺いして、どこに問題があるのか、最適な解決方法はなにか、をご提案いたします。

お一人で悩む前に、よろしければ一度ご相談ください。



採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪

求人原稿の書き方がわかるブックプレゼント

求人原稿の書き方がすべてわかる「極秘資料」を無料でプレゼント

「求人原稿の書き方がわからない!」「とにかく応募が来る原稿の書き方が知りたい!」という方必見。
年間2500応募を集めるインビジョンが、理想の求職者から応募が来る求人原稿の書き方を伝授します!
▼具体的な内容
・応募が来ない求人原稿の特徴
・インビジョンの採用実績
・インビジョンの原稿作成方法
・求職者・お客様の声

期間限定ブックの為、いますぐお問い合わせください。