catch-img

求人広告代理店と直販の違い  〜成功する代理店の選び方〜

求人広告を掲載する際に、安心できるといった理由から求人メディアの運営企業(直販)に依頼するといった人事のかたも多いと思われます。

しかし、直販では自社メディア以外の求人メディアの販売ができないといったルールがあり、紹介できる求人メディアに制限があることがほとんど。そのため複数会社求人メディアを使用すると各担当営業に同じ話を何回もしなければいけない、そもそも忙しくて何人とも打ち合わせができないといった人事のお悩みも多く聞きます

そんな上記のお悩みを解決できるのが求人広告代理店。

このコラムではメーカー直販と求人広告代理店の違い、メリット、デメリット。

求人広告代理店を選ぶ際に失敗しない選び方についてまとめさせていただきましたので参考にしていただけると幸いです。

求人広告代理店とメーカ直販はどう違うのか


求人広告代理店とは、直販(メーカー)に代わってその企業の求人メディアなどを販売する企業を指し、複数メディアの取り扱いが可能な「総合求人広告代理店」と1つの企業の求人メディアだけを取り扱う「専属求人広告代理店」といった2つ形態があります。

この記事では、「総合広告代理店」について、まとめさせていただいてます。

取り扱いできる求人広告の数が違う

直販は基本的には自社の求人メディアしか扱えません。一方、求人広告代理店は複数企業と契約を結んでおり、多数の企業の求人メディアを取り扱いが可能。中には地方求人広告の取り扱いを含め1000を超えるメディアを取り扱える会社も存在。全国的な求人媒体から地方に特化したメディア一括して取り扱いできるのが求人広告代理店の1つの強み。

また、求人メディアを、職種や雇用形態によって使い分け、複数のメディアを使ってる企業様もいるのではないでしょうか。担当営業との打ち合わせの時間をもっと短縮したいといった声も、、、

求人広告代理店の場合、担当窓口が一社で済むのでやり取りが一元化し、打ち合わせの時間の削減につながるのも大きなメリット。

得意とする提案内容の違い

求人広告代理店と直販では、提案内容にも大きな違いがあり、求人広告代理店は複数の求人メディアを取り扱っているため、職種や雇用形態、採用ターゲットなどクライアントの採用状況を考えて適切なメディアを選択したり、採用ターゲットと相性のいい求人メディアを組み合わせた提案が得意としてます。

一方、直販は自社サービスに深い知見を持っているため、自社求人メディア内での適切な原稿の書き方や打ち出し方、求人メディアの機能やオプションの案内などの提案が得意。

  • 今回採用するターゲットにあった求人メディアがわからない
  • そもそも採用活動が初めてで求人メディアのことがわからない
  • 最新の採用手法について知りたい

といった場合には、直販ではなく複数の求人メディアを取り扱っており、複数求人メディアへの知見が深い求人広告代理店に相談する大きなポイント。

求人広告代理店のメリット


求人広告を使う大きなメリットはどこにあるのか。求人広告代理店を使用するメリットをご紹介します

複数媒体を一括して依頼できる

今回はアルバイト採用だからこの会社の求人メディア、同時に専門職も採用したいから違う会社のメディアにも掲載。複数メディアを使うと担当営業との打ち合わせだけで、かなり時間を浪費してしまう。また同じ話を何回もしないといけないのは苦痛と感じるかたも多いと思われます。

しかし、求人広告代理店は1000以上の広告を取り扱っている会社もあり、アルバイトから正社員などの雇用形態別だけではなく、職種に特化した求人メディアや20代若手に特化した求人メディアなどより専門的な求人メディアへの掲載が可能。

また、雇用形態や職種などで複数求人メディアを使い分け、それぞれ掲載企業の担当営業とおこなっていた打ち合わせが求人広告代理店では一社で対応できるため、打ち合わせ時間の削減ができるのも大きなメリット。

複数メディアを扱えるため提案の幅が広い

複数エリアで大量に募集を集めたい。採用難易度が高い職種の募集を行うといった場合、特性の異なるメディアを使用する「メディアミックス」が効果的。

しかし、直販の提案は、求人広告のサイズやオプションを追加といった提案が多くなり、効果的なメディアミックスを行う重要なポイントの複数メディアを検討し、最適なメディアを組み合わせるといった方法が不可能。

求人広告代理店は取り扱う求人メディア数が多いため、適切に組み合わせることで効果を発揮しやすく、採用成功につながりやすくなるメリットが存在。

担当者に自社求人を網羅してもらえる

直販の場合、雇用形態ごとに担当が分かれている場合も珍しくなく複数の担当者が付く場合が多いです。

「営業担当ごとにいちいち情報共有するのが面倒」

「掲載メディアごとに連絡先が変わりスムーズな対応ができていない」

といったお悩みをかかえている人事のかたも多くいらっしゃると思われます。

しかし求人広告代理店では基本的に1社に1人営業担当がつくため複数求人メディア掲載の場合も連絡・相談の窓口が1つですみ、求人メディア掲載時の取材なども一括して行えるため、時間的コストの削減が可能。

また、専任の担当者が貴社の求人情報を一括して管理。採用状況を一貫して見ることが可能なため問題点の早期発見、対応もスムーズに行えます。採用状況の進捗具合によっての適正な予算配分や求人メディアごとの特性を生かした出稿の仕方など求人情報を網羅しているからこそより一歩踏み込んだ提案が可能。

求人広告代理店のデメリット


求人広告代理店はメリット部分も大きいですがデメリットも少なからずあります。メリット・デメリットをしっかり把握し、採用活動を成功に近づけましょう。

対応が直販より遅れる可能性がある

直販の場合、掲載開始から掲載終了後までのやりとりが社内で完結するため、代理店よりもスピーディに対応できます。

またカスタマーサクセスチームがあり問題が発生した時にもスピーディーな対応が可能。

求人広告代理店では問題が起きた場合、直販に確認しないとわからないと言った場合があり対応が遅れてしまう場合も。

とはいえ、会社によっては掲載までの作業を部署ごとに分担している場合やカスタマーサクセスチームがない会社もあるため、必ずしも直販の方が代理店よりも対応スピードが早いとは言い切れない点には注意。

求人広告の制作レベルにばらつきがある

求人広告代理店には大小さまざまな会社が存在。小さい会社だと、原稿制作、写真処理、など求人原稿制作を担当営業が全て行う場合が多く、営業としては優秀であっても、原稿の内容や見栄えが不十分といった場合もあります。

求人広告代理店に依頼するときは、「社内に制作担当しているスタッフが専任でいるか」を確認するのが必要。また過去、掲載した求人原稿を見せてもらうことも、求人広告代理店のレベルを測る手段として有効。

求人原稿の制作レベルは広告効果に大きく影響するため、高いクオリティで原稿制作を行えるかどうかは、見極める必要があります。

  • 社内に制作担当しているスタッフが専任でいるか
  • 過去の制作原稿を見ることが可能か

上記の2点が掲載する前に確認してみるといいでしょう。

失敗しない求人広告代理店の選び方


求人広告代理店のメリットは理解したけど、代理店の数が多くどの会社を選べばいいかわからないといったかたも多いと思われます。

ここでは求人広告代理店に切り替える際に失敗しない代理店選びの方法をまとめてみました。

総合代理店と専属代理店の2種類存在する

求人広告代理店には「総合求人広告代理店」と「専属求人広告代理店」の2つ形態があります。

総合求人広告代理店は複数求人メディアの提案が可能ですが、専属求人広告代理店は求人メディアの運営企業の専任で活動しているため、複数求人メディアの提案が不可能。

求人広告代理店に依頼する際には与えられる恩恵が大きい総合求人広告代理店に依頼してみてはいかがでしょうか。

人材採用に関する知識があるかを見極める

複数種類の求人広告媒体を取り扱っているだけではなく、採用HPやLP制作ができる、人材紹介など求人広告以外の採用に関わるサービスを展開しているなど代理店ごとの特徴が存在。

中には事業の中心が新聞などの商業広告。ついでに求人広告代理店をやっているなどの場合も存在。求人への知見が深いとは言い難い企業も存在します。

その会社の主軸事業が人材採用・HR領域に置かれているのかを確認するのも重要。

また、会社のレベルを測る方法として求人広告代理店の社員採用ページをみるのも有効。人材採用分野の会社で自社の採用ページがない、更新されていないといった場合はあまり信用できるとは言えません。

また、採用ページに使われている写真や求人原稿の中身から、求人広告作成レベルも伝わって来るため依頼先を見極める大きなポイント。

制作する広告のレベルを知る

大小さまざまな求人広告代理店が存在するため、制作レベルもばらつきが出てしまうのが求人広告代理店のデメリット。

そのため、求人原稿の制作レベルは広告効果に大きく影響するため、高いクオリティで原稿制作を行えるかどうかは、依頼を決める際に見極める必要があります。

代理店によっては営業担当が制作を行っており、制作レベルがイマイチといった場合も存在するため、まずは社内に原稿作成専任のチームがいるか、商談時には、今回の掲載案件と類似した過去の制作原稿を見ることが可能か聞いてみるのは制作レベルを知る大きなポイント。

特別な事情がない限り見せてくれるはずです。見せられない場合は、制作実績がないとも考えられますので、一度確認してみるのがいいでしょう。

営業担当のレベルで選ぶ

制作専門チームがいても担当営業のヒアリングが浅い場合はいい原稿の作成は不可能。求人原稿を出稿するための職種や給与、仕事内容、勤務時間といった基本情報だけしかヒアリングしてこない担当営業は要注意。

求人広告で効果を出すためには基本情報だけではなく、募集の背景、理想の入社日、人物・スキル面での求める人物像などの情報が必要。

ヒアリングが深く、しっかり自社のターゲットを理解してくれているかは担当営業のレベルを測る1つの指標。

また、求人広告は、未経験者の採用や母集団形成が得意としており、ハイレベルな人材層や、特殊なスキルが必要な職種、採用が難しい職種など、求人広告ではアプローチしきれない場合も存在。求人広告では難しいと判断し、人材紹介や、その他の解決方法を提示してくれるなど人材業界に明るく提案の幅が広い担当営業を選ぶのも採用成功につながるポイント。

採用成功には直販との違いを活かした求人広告代理店選びが大事!

求人広告代理店と直販では扱える求人メディアの数に大きな差があります。

複数会社の求人メディアを扱えることによって採用手法の提案の幅が広くなり、より採用成功に近づくことが可能。

ただし、代理店によっては求人原稿のクオリティが低いといったデメリットも存在。

信頼できる求人広告代理店か見極めるためには、専任の制作チームがいるか、過去の実績は十分にあるかといったポイントから制作レベルの見極めが大事。

打ち合わせの時間がなかなか取れない、自社にあった効果的な求人メディアをみつけたい、今度こそは採用成功したいと考えている人事のかたは1度、求人広告代理店に相談してみてはいかがでしょうか?

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき