catch-img

採用がうまくいっている企業の共通点!採用広報をはじめよう!

応募数を集めるだけの採用活動に限界を感じていませんか?
さまざまな求人広告や採用手法を試し、応募数は確保できるようになってきたものの、面接率・採用率がなかなか上がらない、採用後の定着が良くないといった悩みに直面している企業も多いかと思います。

それでは、定着まで含めて採用がうまくいっている企業はどのような取り組みをしているのでしょうか?

①採用率・定着率が下がってきた要因は?


求人市場の変化(お金から本当の価値へ)


情報過多な時代に入り、求職者の知りたい内容も変化しています。
特に新卒採用においては、給与や待遇などの条件ではなく、社内の雰囲気を重視するというデータも出ています。

お金から本当の価値へ求職者の志向も変化しています。
そのため、条件を羅列した従来型の求人手法では採用が難しくなってきています。

採用手法の多様化

ハローワークや地元の新聞などのご当地密着型の採用手法から、人材紹介や転職エージェント、派遣会社など直接仕事を紹介してくれるもの、リクナビ・マイナビ・DODAなどの転職サイト、職種や属性ごとの専門媒体、Wantedlyや採用サイト、SNSなどの広報ツールなど、
ここ数年で採用手法もぐっと数が増え、正直どれを使えばいいのか判断が難しい状況です。

だからこそ、”何を使うのか”ではなく、”どう使うのか”が大切となっています。

働き方、価値観の多様化

インターンやフリーランスなどここ数年で働き方が多様化し、企業もそれを受け入れている状況です。それに伴い、働く人の価値観も多様化してきています。求職者の気になる情報を網羅した情報発信をすることが採用への近道です。


②面接数、採用数、定着数を上げるには?


ストーリー性のある採用活動

ただ伝えたい情報を羅列するのではなく、求職者が自分事としてとらえられるようにストーリー性のある内容で伝える必要があります。

例えば、理念やビジョンはそれ自体を伝えるのも大切ですが、それを決めるに至った経緯も大切です。そういったストーリを伝えるとよい採用につながります。

透明性のある採用活動

透明性のある採用というのは、自社の良い面だけでなく悪い面、ネガティブな面も一緒に見せていくというものです。透明性が重視されるようになったのは、口コミサイトやSNSが普及し、個人が会社の評価を発信でき、あらゆる情報が共有されやすくなったためです。

求職者の情報リテラシーがあがり、ありとあらゆる情報を探しています。うそはすぐにばれる時代です。最初から良い面も悪い面も情報発信をすることで、面接後の入社辞退や離職を防げます。

意味報酬の伝わりやすい採用活動

意味報酬とは、従来大切にされてきた賃金や待遇などの金銭的な報酬ではなく、やりがいや働きやすさなどを意味します。働き方が多様化し、企業に意味報酬を求める人も増えています。

金銭的なメリットだけなく、やりがいなどをきちんと伝えることがよい採用への近道です。
応募数だけでなく、採用や定着まで見た際にうまくいっている企業は、このあたりの情報発信が上手な企業が多いです。

③採用広報のメリット


待遇以外での勝負が可能になる

採用広報では、意味報酬について広報することで求職者へアピールするので、単なる待遇勝負・条件勝負になりにくいという特徴があります。

給与など点の情報だけでなく、仕事内容ややりがい、社風・ビジョンといったところも総合して判断してもらえるので、どんな企業にも適した採用手法と言えます。

面接キャンセル、採用後辞退の減少

旧来の求人広告や人材紹介では、金銭面や待遇を目立たせて伝えるため、企業のリアルが伝わりにくく、面接時や入社後の辞退が発生しがちでした。採用広報を用いると、企業のリアルを理解した上で応募してくれるので、面接・採用後の辞退を減らせます。

入社後のミスマッチを防ぐ

また採用時だけでなく、入社後のミスマッチを減らすのも採用活動では大切です。

転職理由として多く上げられる内容に、

  • 会社の将来性が不安
  • ほかにやりたい仕事がある

この2つはよくあげられます。もちろん働くうちに気づくこともありますが、入社前の情報が不十分でリアルな情報が伝えられないまま入社してしまったため、短期間での離職になってしまう場合もあります。

④採用広報のデメリット


取材&撮影が必要

採用広報は、求人の基本的な情報や条件だけでなく、企業のリアルを伝える採用手法なので、社内の取材や写真撮影などは必要になってきます。

取材や写真撮影に時間はかかりますが、その分コミュニケーションや自社の魅力の棚卸につながるのでオススメです。

コンテンツ作成には時間がかかる

採用広報を行う場合は、どんな方法で発信するのかのコンテンツ決め→取材&撮影→編集・ライティング作業と工程が多く時間はかかってしまいます。

そのため効果が出るのにも時間がかかることが多いです。今すぐに採用したい、すぐに結果をだしたいという時にはあまり向かない手法です。

スタッフの協力が必要

企業のリアルな内容を発信するため、スタッフインタビューや写真撮影などスタッフの強力は不可欠になります。経営陣や人事などしか登場しない企業もありますが、実際に一緒に働く人の顔が見えた方が働くイメージをつけやすいのでさらに効果は上がります。

⑤最近注目&活用されている採用広報の種類

Wantedly

現在250万人以上のユーザーが登録する、採用SNSツール「Wantedly」。

企業ページ・募集記事・フィード(ブログ)記事・ミートアップ(イベント募集)・スカウトの5つの機能が利用できます。またSEOが強いので、単なる母集団形成としての利用だけでなく、社内外への広報として活用できます。

動画やスライドなどのコンテンツも埋め込み可能なので、簡単な採用サイト代わりに活用することも可能です。
使いやすいフォーマットかつ必要なコンテンツがそろっているので、採用広報をはじめる際に1番最初に活用するものとしておすすめのツールです。

ブログ

企業ホームページなどを活用してブログをアップする方法です。求職者の8割以上は応募時にホームページを閲覧していると言われています。その際に、お取引先向けの情報や企業概要だけでなく、スタッフや社内のリアルが見えるブログがあると、採用率・定着率UPにつながります。

SNS

Facebook、Instagram、Twitterなども採用広報ツールとしての利用が増えています。写真(画像)や短めの文章を用意するだけではじめられるので、利用しやすいのが特徴です。

また2020年は5G解禁年で、YouTubeの活用も増えています。動画は画像や文章より伝わる情報量が多いのでおすすめです。

これからの採用戦国時代を生き抜くには採用広報の強化が必要!

求職者の求める情報が増え、働き方も多様化している今、企業側の採用手法も変化が求められています。社内の良い面も悪い面もひっくるめて発信していき、採用率・定着率の向上を目指しましょう。

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき