catch-img

「求人ボックス」の評判は?今から利用するメリットや費用まとめ

「最近、求人を検索すると求人ボックスの名前を見るようになった」 「求人ボックスは聞いたことがあるけど評判はいいの?」 「求人ボックスを使うメリットや費用はどんな感じ?」 求人検索エンジンといえば「Indeed」が今や主流となっていますが、その陰でぐんぐん評判を呼んでいる求人検索エンジンがあります。それが今回ご紹介する「求人ボックス」です。 このコラムでは今注目の「求人ボックス」の評判やメリット、費用をまとめてみました!


そもそも「求人ボックス」って何?

株式会社カカクコムが運営する求人検索エンジン

求人ボックスは2015年にリリースされた求人のアグリゲーションサイト(Web上に掲載されている日本全国の求人を集約して1つにしたサイト)です。 求人ボックスを運営している会社は株式会社カカクコムという日本の企業で、「価格.com」や「食べログ」で知られています。ちなみに世界中に知れ渡っている求人検索エンジン「Indeed」の本社はアメリカにあります。

WebCMには「まいんちゃん」こと女優の福原遥さんを起用

普段、YouTubeを閲覧する方は求人ボックスのCM広告を見たことがあるのではないでしょうか? 求人ボックスは徐々に若い世代を中心に認知され始めています。 求人ボックスの公式サイトやWebCMでは女優・タレントの福原遥さんを起用しており、SNS上でも良い評判があがっています。

今から「求人ボックス」を使う3つのメリット

メリット1.今後、より大きく成長する可能性がある検索エンジン

求人ボックスは注目されている求人検索エンジンです。 株式会社カカクコムは、2020年2月4日に

  • ・2020年の第3期は求人ボックスの売上がYoY(前年比)+152.8%上昇
  • ・QoQ(2020年の第2期との比較)は売上高が+2.2%上昇

と第3四半期の決算にて報告。 今後さらに評判を呼び、求人ボックスが世の中のメディアに登場する機会が増え人気が爆発する可能性もあるでしょう。 【参照元】 株式会社カカクコム・公式サイト IRニュース>2020年02月04日2020年3月期 第3四半期決算説明資料

メリット2.日本のアグリゲーションサイトでは月間訪問者数トップ

今、求人ボックスを始めておくことで今後増加する新しいユーザーの目に求人が留まり、応募者が集まりやすくなるメリットがあります。 求人ボックスの2020年3四半期の月間ユーザー数は前年比+91.5%と倍近く増加していると報告もあがっています。 【2020年2月 similarwebを元に集計】

日本のアグリゲーションサイト
月間ユーザー数(人)
求人ボックス
3,003,000
スタンバイ
2,237,000
yahooしごと検索
1,078,000
careerindex
905,219

また、日本企業が運営するアグリゲーションサイトといえば「求人ボックス」以外には「スタンバイ」、「yahooしごと検索」「careerindex」などがあります。それらと比較すると2020年2月時点で求人ボックスが月間ユーザー数トップです。

メリット3.検索結果の上位に表示されることが増えた

求人ボックスはより求職者の目に留まりやすくなりました。 2019年初頭頃まではGoogleで求人を調べるとまずは「google for jobs」の求人が表示された後にindeedの求人が3つほど表示されて「タウンワーク」「バイトル」などが続いた後、2ページ3ページ目に求人ボックスの広告が表示されていました。 【「中目黒 営業 求人」で検索(2020年2月)】 しかし2019年末頃にはキーワードによっては1ページ目のindeed寄りに求人が2,3つ上位表示されるようになりました。求人ボックスのGoogle・SEOの評判も上がっているのがわかります。

「求人ボックス」を利用する際に押さえたい2つのポイント

「求人ボックス」を利用するユーザー層は?

求人ボックスを利用するユーザーの特徴をまとめると以下の通りです。(2020年2月現在) ・女性ユーザーが多い (目安:女性65%/男性35%) ・アルバイト・パート層が多く狙い目 (目安:正社員50%/アルバイト・パート:30%/派遣社員・契約社員・業務委託8%/新卒6%) ・未経験者向けのお仕事、軽作業系のお仕事をが検索される傾向 求人ボックスは2020年2月現在「未経験」系キーワードに強いと評判です。 「未経験」キーワードを含めてGoogleで検索するとよく上位表示されます。 【「組立 未経験 派遣」で検索(2020年2月)】 【「未経験 検品」で検索(2020年2月)】

費用はどのくらいかかる?

求人ボックスの費用は以下の3種類の中から選べます

プラン名
料金
ライトプラン
30円固定費用/1クリック
スタンダードプラン
50円固定費用/1クリック
プレミアムプラン
50~100円固定費用/1クリック(※)

※50~100円の間で費用は変動します。自分で費用を調整することはできません。 求人ボックスの費用はIndeedと同じ用にクリック課金制で1クリックされるごとに発生します。しかし1クリックにおける費用はIndeedとは違い「固定制」です。クリック費用の相場などが分からない初心者の方でも安心して運用ができるのがメリット。 また、広告に費用をかけたくない方にもオススメ。優先的に求人は表示されませんが求人ボックスは無料からでも求人掲載可能です。

求人ボックスの評判は上々!ライバルが少ない今が始め時!

今なら求人ボックスに無料で載せるだけでも効果が見込めるでしょう。 なぜなら求人ボックスは急成長中の求人検索エンジンで月間ユーザー数もどんどん増加していますが、まだまだ求人掲載をしている企業が少ないからです。 今までであれば求人検索エンジンは「Indeed」1つに頼って採用活動をしても問題はありませんでしたが、SEOを取り巻く環境も常に変化しているため今後は複数併用して運用していくのが安定する時代になっていくでしょう。 求人ボックスは日本人向けで見やすく操作しやすいデザインで費用のクリック単価も固定。求人検索エンジンの運用入門として始めてみたい、Indeedを使っているけど他の求人検索エンジンも試してみたい。そんな方は評判も良く、メリット盛りだくさんの求人ボックスを是非使ってみてはいかがでしょうか。


採用について相談する



採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき