catch-img

辛口ごめん!令和史上最強の「介護採用の徹底改造マニュアル」

  • ネットで無料の求人広告(自作)出してみたけど、コロナ流行もあってか全然ダメ…ローコストで人を採用したいのに延々とウチは人手不足…派遣だと高いから無理!人材紹介を使うなんて採用単価が高くなるし、もってのほか!
  • 応募はあるけど、なんかピンとこないんだよね~。アレもコレもできる良い人いないのかなぁ?
  • また今月も人が辞めていった…本当は会社や施設の人間関係や組織の問題を解決しないといけないけど、今は余計なことを考えずに、まず人員を補充しないと現場がさらに疲弊してしまう…

などなど、介護職の求人を出していると様々な苦労があるのではないでしょうか。今回は「ドンピシャな人からの応募が来て、採用が成功するための求人広告の工夫や成功事例」について解説していきます。求人広告制作をしている現役ライターが「これだけやってダメなら、もう諦めて!」と言いたくなるくらいのノウハウを多数詰めました!!ぜひご覧ください。

目次[非表示]

    1. 0.1.なぜ求人に応募が来ないのか?
      1. 0.1.1.求人広告の世界では全職種・全企業がライバルだから
      2. 0.1.2.雇用条件の魅力や働く上でのメリットが少ないから
      3. 0.1.3.求人広告に個性・エッジが無く、良さが伝わらないから
      4. 0.1.4.会社や職場の情報発信先が少ないから
      5. 0.1.5.広告費が適正でないから
      6. 0.1.6.理想の人物像が高望みだから
    2. 0.2.応募はあるのに、なぜ採用できないのか
      1. 0.2.1.応募者対応がずさんだから
      2. 0.2.2.応募者の志望度を上げられていないから
      3. 0.2.3.口コミが悪い、口コミが無い
    3. 0.3.自社・自所に合う人と出会うために求人の基礎を学ぼう
      1. 0.3.1.基本①ジョブディスクリプションの書き方
      2. 0.3.2.基本②シェアードバリューコンテンツの書き方
    4. 0.4.今すぐマネすべき!介護業界でも応募が多数きた事例
      1. 0.4.1.ネガティブ炸裂!愚痴で共感を呼んだ原稿
      2. 0.4.2.働きたいときに来なさい。シフト自由すぎる原稿
      3. 0.4.3.ボーナス高額支給で高年収だった原稿
      4. 0.4.4.番外編:イケメン&ムキムキ介護士さんPR
    5. 0.5.これから入社する人も今働いてくれている人も大切にするためのTODO
      1. 0.5.1.既に公開中の求人があれば、今すぐ求人票・求人広告を見直そう
      2. 0.5.2.広報も社内で手分けしてやってみよう
      3. 0.5.3.これから求人を出すならindeed(HRハッカー)で掲載しよう


なぜ求人に応募が来ないのか?

求人広告の世界では全職種・全企業がライバルだから

介護職募集に特化した求人媒体も確かに多数あります。その中で効果を出す求人広告を出す場面もありますが、多くの場合は他職種、他業界の求人も含めて掲載されている中で勝負していかなくてはありません。
未経験、無資格からでもできる介護職もありますが、同じく未経験、無資格でできる営業や事務などを選ぶ人もいます。このように求人を出している全企業(全職種)と互角に戦わなくてはならないのです。

雇用条件の魅力や働く上でのメリットが少ないから

「コロナ失業者は国内に100万人以上いる(参照:実際の失業者は“100万人以上”になる理由~厚労省がコロナ関連の解雇4万8000人と発表)」とはいえ、求職者も自分に合った仕事や就職する企業を選定します。またネット上の全ての求人を紐づけするindeedにも2020年9月2日時点で2,884,600件もの求人が国内にあります。ですが、これだけ求人があれば、できるだけ良い条件の求人に巡り合いたいと求職者も感じて当然でしょう。

そこで、よくある求職者の応募の決め手をまとめてみました。

  • シフトがほぼ自由だったから
  • 今後も需要がある仕事だから
  • 人の笑顔のために頑張れるから
  • 働きがいのある仕事だと思ったから
  • たまたま家の近くで通いやすかったから
  • 家族がたまたま介護の仕事をしていたから
  • お年寄りが好き、人と接するのが好き
  • 夜勤と賞与込みだと他より給料が良かったから
  • 社会の役に立ちたいから、社会貢献がしたいから
  • 職場の人が優しそう、人間関係が良さそうだったから
  • ご家族の介護で介護施設等によく行っていて、志望した
  • 資格やスキル(身近な人の介護経験がある)が活かせるから
  • 福利厚生が良く、ワークライフバランスも考えてくれる職場だったから
  • 介護の知識やスキルを身につけたくて研修や実習など技術向上のための勉強会がある職場だったから

などなど、様々な動機があります。このきっかけを作れる求人内容にできているのか、ご確認ください。

ちなみにライバル求人と条件比較もできます。indeedの給与検索をご活用ください。


検索してみたい職種名で検索してみましょう。例えば「介護士・ヘルパー」の場合、indeed内での平均値ですが国内では月給23万円が平均値と出ています。



検索後に、勤務地の箇所を変更する、給与を時給か日給か年収でも再検索できます。まずエリア内の平均以上が出ているのかを確認してみてはいかがでしょうか。

また、女性が多い介護業界だからこそ、女性の職場選びの視点を踏まえて書かれた求人票を完成させるべきです。9割の女性が「転職活動で職場の雰囲気を重視」と回答しているアンケート結果もあります。求人票や採用ホームページ、ブログなどには職場の雰囲気が描かれているでしょうか。


引用先:https://www.huffingtonpost.jp/enjapan/shokuba-funiki_a_23613767/

求人広告に個性・エッジが無く、良さが伝わらないから


本来であれば全職場において何かしら個性や違いが出るはずなのですが、没個性求人が多数散見されています。つまり求職者から見れば「どれも同じような求人ばかりで応募の決め手に欠ける」のです。もう求人票に最低限必要な情報だけを載せれば人が勝手に応募してくる時代ではないのです。


会社や職場の情報発信先が少ないから


「求人情報だけでは職場のイメージがつきにくい。リアリティーがない。」と求人広告以外も細かくチェックする求職者が80%以上います。できるだけ職場に関する情報を多く集めたいのが求職者の本音であるのに対し、ホームページやSNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)、採用広報記事やブログがない場合は応募の決め手が欠けてしまう可能性が高いです。


出典:ディップ総合研究所「アルバイト就業者の3割強が正社員を希望、10~30代男性は6割!未経験にチャレンジ派、経験を活かす派は二極化」
●調査実施時期:2020年7月2日(木)~2020年7月10日(金)
●対象者条件:47都道府県内でアルバイト・パートとして就業している15~69歳の男女


広告費が適正でないから


ホームページやSNS、採用広報やブログ、動画もネットに挙がっていて、求人広告も出しているのに応募が来ない場合は、広告予算が適正ではない可能性があります(※エリアや職種、雇用条件等で適正予算が各自異なることが大半です。気になる方はお問い合わせください。

もし月給30万円ほどの介護職員を1人採用する場合、人材紹介を活用すると60万円前後の採用費用がかかると言われています。これより採用コストを下げる工夫をしましょう。

理想の人物像が高望みだから


実際にあった募集でほとんど応募が入らなかった事例を正直にお伝えします。

【本当にあった怖い介護求人募集のラインナップ】

  • 交通費支給を節約したい、夜勤のコール対応をさせたいがために応募者の住所を限定、厳選する(※求人広告には一切記載ができない事項です)→近くに人が少なく不発
  • 送迎があるため自動車運転免許があっても運転経験がない人を不可にした→車離れが進む日本でかつ、駅で通える地域だったため車の運転に慣れていない人が多く、最も必要としていた若手の応募がなかった
  • 有資格者だけ欲しくて資格保持者のみ募集する旨の求人を出した→介護福祉士の資格でさえも持っている人がエリア内で少なく不発。理学療法士や作業療法士、柔道整復師は資格と経験を活かしてフリーランス(業務委託)で活躍している人も多く、介護施設等で働く魅力が彼らにとっては皆無だった
  • 痰の吸引、採血ができる人など、実技を見なければ判断できないようなスキルを全て、求める人物像欄に書いてしまった→経験はあってもスキルに自信がない求職者を安心させることができず、エリアの給与相場と比較しても条件負けして応募0
  • 週4以上フルタイム勤務のパート募集を出した→近所に学校や幼稚園、保育園があり、時短勤務希望者が多いエリアには不適切だった

このように、求職者都合を汲まずに組織都合だけを前面に打ち出した求人を出すと絶対に応募が集まりません。思い当たる節があれば、求職者を代表して言わせていただきますが、条件緩和をご検討ください。


応募はあるのに、なぜ採用できないのか


応募者対応がずさんだから


「応募があったら即対応、即面接日時の設定」が鉄則なのですが、ご多忙中だとなかなか応募者対応を早くしたくてもできない、という場面があるのではないでしょうか。これがかなり危険です。他にも応募者対応で大切なことがありますのでチェックしてみましょう。

【応募者対応できてるかチェックリスト】
□応募を確認したら、すぐ電話する
□留守番電話にメッセージを残している
□電話が繋がらなければメールを送っている
□定型文すぎないメールを送るなど応募者に印象付ける工夫をしている
□面接日が確定した後、リマインドメールを送っている
□面接前日にもリマインドメールを送っている

チェック数が少ないほど改善が必要です。今すぐ応募者の志望度を上げるためにも素敵な応募者対応を心がけるようにしましょう。

応募者の志望度を上げられていないから


せっかくコンタクトが取れた応募者に対して淡々と対応していませんか。一度見直してみましょう。


【応募者の志望度を上げる、内定辞退を防ぐためのチェックリスト】
□求人内容を一緒に確認し、質疑応答タイムを設ける
□面接前の緊張ほぐしで職場見学や先輩社員紹介をたっぷり入れる
□面接に現場スタッフを同席させ、スキルや不安解消点を確認する
□面接担当(施設長、マネージャー、人事など)が席を外し、現場の先輩社員と本音で話ができる時間を設ける
□希望給など希望条件を交渉しても良いと面接担当から声をかける
□現職、失業保険等の関係で入社時期が不確定もしくは先になる場合は相談に応じる
□終始和やかな面接、面談時間を設ける(コロナ感染予防対策のため、WEB面接を行うのもGood!)
□内定後も週1、2週間に1回はコンタクトを取る/先輩との顔合わせやリモート飲み会を企画し歓迎ムードを伝える

などなど工夫できることが多数あります。応募者もある意味、お客様(顧客、ユーザ、利用者様)と思って接してみてください。

口コミが悪い、口コミが無い


応募者は職場についての情報収集のために口コミサイトやクチコミ検索を高確率で実施しています。

データ引用先:https://partners.en-japan.com/special/old/171206/2/

口コミが悪い場合は応募時や応募後のネックになってしまうリスクもあります。また口コミがない場合も情報源の少なさから懸念されるリスクもあります。いずれにせよ、口コミの有無と良さが求職者にとって重要な情報源になっているので、できるだけスタッフに協力をしてもらい評判を集めるようにすべきでしょう。

自社・自所に合う人と出会うために求人の基礎を学ぼう


最もシンプルで分かりやすいのは「ハローワーク求人の書き方」ですが、今回は介護求人に特化した内容でコツをお伝えします。

基本①ジョブディスクリプションの書き方

【ジョブディスクリプションの詳細】
・仕事の目的、意義、目標 ・自分の裁量、権限 ・配属部署についての説明
・必要資格、スキル、知識、経歴、学歴 ・パーソナリティ(スキル以外の適性や個性)

これらを求人票や採用ページ、採用サイトに詳細まで明記しているのかを確認し、追記していきましょう。介護職の場合、職種が多数あるので、より具体的に記載し、他の求人と異なる部分や求人の長所を明示していきましょう。

【ジョブディスクリプションの具体例】

  • 具体的な職種名 例)介護福祉士、介護スタッフ、ホームヘルパー、サービス提供責任者、ケアマネジャー(介護支援専門員)、生活相談員、フロント、介護事務、調理スタッフ、清掃スタッフ、リネンスタッフ、送迎車の運転手
  • どのくらい社会貢献、地域貢献ができるのか
  • 体力的、精神的な負担がどれくらいありそうか
  • 業務に関する連絡、引継ぎの有無、会議の頻度
  • 今までの経験をどう活かせるのか※経験者採用の場合
  • 仕事で得られるスキル・専門知識、人生で役立つこと
  • 仕事のやりがい、嬉しかったこと、感謝されるポイント
  • 仕事の大変なところ、仕事の難易度※特に未経験OKの場合
  • 1日の業務の流れ(何時に出勤、休憩、退勤だけでなく詳細を記載しましょう)
  • 作業の進め方、具体的な手順、マニュアルの有無(自己判断でやっていい部分も明記)
  • 未経験スタートから始めたスタッフの割合、定着率
  • 対人業務(人と話す頻度、1人でやるのかチームでやるのか)
  • どのようなタイプの人に向いているか(不採用にする人物像から逆算して考えても良いと思います)
  • どこで働くか:特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護付有料老人ホーム、デイサービス・デイケアサービス(通所介護)、グループホーム(認知症対応型生活介護)、サービス付高齢者住宅・住宅型有料老人ホーム、訪問介護、病院

など、仕事のイメージを言葉で伝えられるように記載していきましょう。文章作成が苦手な方は写真や動画で伝えるのも良いです。


基本②シェアードバリューコンテンツの書き方

シェアードバリューコンテンツは簡単に言うと「会社の理念、行動指針、社風、文化、会社や社員の存在意義など」がこれに該当します。ほとんどがホームページに書いてあることのように感じられますが、さらに深堀して載せましょう。

【シェアードバリューコンテンツの例】

  • 服装規定(服装・髪色・ネイル・ヒゲの可能な程度)
  • こういう人、こういう行動ができる人と働きたいを明記(求職者へのヒントになります)
  • 研修内容の詳細(シェアードバリューコンテンツが多く含まれます)
  • 職場の内観、外観(特に職場の休憩所や食堂などの写真もあるとベストです!職場見学ありの場合も載せましょう)
  • 一緒に働く同僚、研修を担当する先輩、上司の雰囲気(こういうときはどうする?何て声をかける?などもあると良いでしょう)
  • 先輩スタッフのコメント(なぜここで働いているのか、入社の決め手、実際働いてみた感想などがあるとリアルです)
  • 再就職や自分に自信がない応募者に向けたメッセージ(自分は採用されないのでは?と不安がる求職者もいます。面接担当者からのメッセージがあると親切で、応募意欲も上がりやすいです)
  • 立地面での長所(徒歩や自転車圏内、駅近、乗り換えが少ない、近くに買い物や飲食できる場所がある、雨が降っても地下で雨に濡れず通勤が楽、幼稚園や保育園、病院が近いなど)

ここまで書かないと伝わらないの?!と驚かれる方も多いかもしれませんが、求人だからこそ会社史上最大の情報量で挑んでください。

今すぐマネすべき!介護業界でも応募が多数きた事例

実例を見ながらの方が求人を改訂しやすい方はこちらをご参照ください。

ネガティブ炸裂!愚痴で共感を呼んだ原稿

ライター編集後記)よくあることですがヒアリングで悲惨な現場もあると判明した際、敢えて素直な感情を吐き出した求人に仕上げてみました。求職者の気持ちや状況に寄り添うフレーズが心に響き、応募が多数入った事例があります。

【閲覧注意!介護業界で働く人の愚痴しか書かれていないです】

・上の人から入浴、排泄の介助など、大変な仕事ばかり押し付けられてしんどい
・え、私20連勤もしてたの・・・?!有休が使えなくて休めないのは流石にもう無理・・・
・「パワハラとセクハラと残業の無い、平和な世界」で働きたい・・・
・二度と転職しないぞ!と決めたのに、いつも人間関係の問題と心身の疲労で何度も転職してしまった…職歴を面接で詰められたくない…
・「夜勤はできません」と正直に言ったら顔色が変わった面接担当者がトラウマ。そもそも面接で話せる自信が無い。
・会議という名の愚痴大会を辞めて欲しい。自分は人見知りで、コミュ力が無いから今までその場がつらすぎた。
・家族の介護や育児、家事もあって大変です、正直家庭を優先して働かせてください
・身体がしんどくてもう動けません。面接官の人が面接に来てくださったら良いのに…

そんな皆さまを助けたいです!ぜひウチに来てください!!
面接に行けないくらい、お忙しい方はウチから面談に伺います!!

働きたいときに来なさい。シフト自由すぎる原稿

ライター編集後記)職場の事情を最優先してシフトに入ってくれる人が欲しいと言いたくなるお気持ちも分かりますが、それで応募がないなら再考すべきと提案させていただいたことがあります。求職者とのコミュニケーションを図るためにもシフトを思い切って完全に自由にしてみました。すると時短勤務希望者が多数入ってくれた、という事例があります。

【シフト希望をご自由に作って面接時に提出してください】

・保育園の送り迎えがあって自転車通勤しかできません!通勤時間に余裕を持たせてください
・子どもの体調不良等で休んでも怒らないでください!
・朝起きられないので昼から出勤させてください!
・夜勤の時間しか働けません、夜勤専従させてください!
・スーパーのセールにどうしても行きたいので、この曜日だけは絶対に休ませてください!
・事情があり、月の前半はいつでも出れますが、後半は絶対に無理です!
・取りたい資格の勉強があるので残業絶対にしたくありません!

分かりました。そこまで仰るならシフト希望を書面で作成して面接時にご持参ください。
面接に来てくれさえすれば、よほどのことがない限り全員採用いたします。

ボーナス高額支給で高年収だった原稿

ライター編集後記)月給でみると相場負けしてしまっていましたが、年収換算すると高年収だと分かり、求人票の内容を改訂した結果、年収を上げたい求職者から応募が集まった事例があります。手当が多数ある場合は年収で戦いましょう。

【年収表記にする場合は給料内訳を誠実に表記しましょう】
※処遇改善手当はスタッフ全員が同じ金額の場合は加算しても良いですが、1人でも金額が異なる場合は絶対に加算してはいけません。

<給与内訳:年収350万円以上あり!>
①基本給 176,200円
②夜勤手当 50,000円(月4回)
③職務手当 10,000円
④資格手当 10,000円
⑤扶養手当 12,000円
⑥住宅手当 20,000円
⑦被服費手当 1,000円
月間給与合計:279,200円
月支給年間計 3,350,400円
賞与年間計  468,000円
年間支給合計:3,818,400円+時間外手当、年末年始手当+年度末一時金(令和1年度実績平均額103,037円)

番外編:イケメン&ムキムキ介護士さんPR

よくある介護のホームページとは全然違うブランディング例もありましたので、ご紹介します。

引用先:ひだまり実業団 - HIDAMARI GROUP(ひだまりグループ)さま



介護の仕事でもジムでもムキムキに鍛えていらっしゃるんだとか…カッコよすぎます!!ここまでオリジナリティーがあるとかなり差別化もされていて目立ちますよね!!
自分たちだからこそできること、自分たちにしかない魅力を強く出すことも大事なので、ぜひ職場の魅力をスタッフ皆様そろってご協議ください!!

これから入社する人も今働いてくれている人も大切にするためのTODO


既に公開中の求人があれば、今すぐ求人票・求人広告を見直そう

このノウハウを読みながら適宜、求人内容を改良してみましょう。資料もダウンロードができます。

便利な資料はこちら(もちろん無料配布です)

ですが、自力で上手く修正できない方やご多忙で難しい場合はお問い合わせフォームへお気軽にご連絡ください。


広報も社内で手分けしてやってみよう


「かっちりとした面接をする前に、職場見学や先輩社員紹介を兼ねてカジュアル面談をしたい」など応募者を見極めてマッチング制度を上げたい方や、通年募集の予定がある場合は企業や施設の情報をできるだけたくさん開示していきましょう。
オススメなのは地方創生と自分らしい働き方に関するピックアップしていく「Fledge:フレッジ」です
フレッジHPはこちら:https://fledge.jp/


事例はこちら:社会福祉法人かるべの郷福祉会さま

これから求人を出すならindeed(HRハッカー)で掲載しよう

無料の求人から始めたい、シンプルな求人採用管理システムが良いという方にはHRハッカーをオススメします。

【おすすめポイント】

  • 応募者情報が見放題
  • 動画や写真も掲載ができる
  • 無料で4求人まで掲載ができる
  • 採用広報にもなるFledgeが求人票にも載せられる
  • 外国人採用もするならFacebookとも連携しているため有利
  • 今の組織の健康診断(組織診断)を無料で1か月お試しで使える
  • indeedの有料広告費が一定以上あれば会社紹介ページ(CMPP/口コミサイト)としても利用できる

ぜひ皆様のお役に立てる情報が一つでもあれば幸いです。介護職の採用のご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

一緒俐(いおり)
一緒俐(いおり)

インビジョン株式会社のCS(カスタマーサクセス)にて求人広告の制作、採用広報記事の作成、採用ハックの執筆など幅広く担当中。合言葉は「トランキーロ!あっせんなよ!」 ▼note かっこいい大人たちの記録『ワークジャーナル★想集編』 https://note.com/iori_note4you