catch-img

なぜ新卒採用にIndeed(インディード)が使えるのか?

「インディードで就活する人はいるの?」
「インディードは新卒採用に使えるの?」

インディードで就活することが定番になりつつある理由は、就活生の仕事探し方の変化が挙げれらます。そのため、Indeed(インディード)は新卒採用で使えます。

最近よくCMを見かけるようなり、「仕事探しはIndeed(インディード)♪」でおなじみのIndeed。 バイトや中途採用がメインのように思われがちですが、実はインディードで就活をする人もいるため新卒採用にも向いています!

目次[非表示]

    1. 0.1.インディードで就活?就活生の現状
      1. 0.1.1.ネット検索は当たり前
      2. 0.1.2.マイナビ&リクナビどちらかにしか載ってない求人がある
      3. 0.1.3.約60%がHPを訪れる
      4. 0.1.4.就活ルールの廃止
    2. 0.2.新卒採用するならIndeed(インディード)が使える!?
      1. 0.2.1.ネット上に載っている求人が見られる
      2. 0.2.2.コストの無駄が少ない
      3. 0.2.3.Indeedから自社HPに行ける
      4. 0.2.4.新卒専用Indeedがある!?
    3. 0.3.新卒採用に使えるIndeed(インディード)の波に乗り遅れないで!


インディードで就活?就活生の現状

 

ネット検索は当たり前

まずは就職活動の変化からおさらいします。総務省が行っている「通信利用動向調査」によると、20代のスマホ保有率はなんと98.7%! 20代のほぼ全員がスマホを持っていると言っても過言ではありません。 そんな20代の新卒就活生はもちろん就職活動にインターネットを使用します。 20卒の新卒生の93.9%は就活時にインターネットを使用しています。 その中にはもちろんインディードで就活する方もいます。いまや新卒採用をする企業にとって、インターネット上に求人を出すのは絶対条件となっています

マイナビ&リクナビどちらかにしか載ってない求人がある

現在、新卒採用で利用される媒体はマイナビとリクナビの2強と言われています。 どちらの媒体にも多くの求人が載せられており、簡単に企業を検索できます。 しかし、企業の中には、リクナビかマイナビどちらかにしか掲載していない。もしくは、どちらにも掲載していない企業もあります。 そのため、新卒生は就活サイトをマイナビとリクナビだけではなく、キャリタスやofferBox、wantedlyと言ったさまざまなサイトを併用しています。

約60%がHPを訪れる

新卒就活生は企業を調べるときにさまざまな媒体を使います。TwitterやInstagram、口コミサイトなどなど。。 中でも、気になった企業を知るにはHPが一番簡単に多くの情報を手に入れる事ができるため、60%以上の新卒就活生が企業研究のために企業のHP(新卒採用ページ)を訪れています。 新卒就活生に自社の事をより知ってもらうためには、HP(新卒採用ページ)を充実させる事が大切です。

就活ルールの廃止

21卒の新卒就活生からこれまで用いられていた就活ルールが廃止されました。 就活ルールが廃止された事で、就職活動一斉スタートではなく、企業も学生もいつでも新卒採用or就職活動をできるようになりました。 これからの新卒採用はこれまでの一斉採用ではなく、通年採用にシフトチェンジしていくと予想されます。インディードで就活を始めた人に求人を見てもらうためにも今からIndeedの準備をしましょう。

新卒採用するならIndeed(インディード)が使える!?

ここからはなぜIndeedが新卒採用に向いているのかをお話ししていきます!

ネット上に載っている求人が見られる

Indeedは求人に特化した検索エンジンです。 マイナビやリクナビと言った求人媒体とは違い、インターネット上に載っている求人を検索する事ができます。求人媒体のように、その媒体に掲載しないと検索に引っかからないという事はないです。各求人媒体でそれぞれ検索する必要が無く、企業研究が簡単に一括で行えます。多くの新卒就活生がIndeedを利用し始めるのは時間の問題です。

コストの無駄が少ない

Indeedではクリック単価制です。 他の求人媒体で多く用いられている、「1ヶ月掲載したらいくら」のような形態ではなく、求職者が求人を1回クリックするごとにお金がかかるシステムになっています。 求人はいつでも止める事ができ、状況に合わせて対応できるのでこれから通年採用になったとしてもコストの無駄を少なくする事ができます。

合わせて読みたい↓

  もう迷わない!Indeed(インディード)の有料掲載料金ガイド・費用まとめ | 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア これを読めばIndeed(インディード)マスターに! これから有料掲載をお考えの方に向けて、掲載前に知っておきたいこと、考えたいことをまとめました! 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア



Indeedから自社HPに行ける

Indeedでは、応募ページから直接自社のHP(新卒採用ページ)に行く事ができます。 自社の魅力を伝えやすいHP(新卒採用ページ)への動線を作る事ができるので、自社に興味をもった新卒就活生の興味をより大きなものにし、志望度が高い新卒就活生の応募につながる可能性は高くなります。 もちろんインディードで就活をする人の興味を惹くには魅力的なHP(新卒採用ページ)である事が重要です。

新卒専用Indeedがある!?

実はまだβ版ではありますが、マイナビ2020やリクナビ2021のような新卒採用専用の、インディードで就活できるコンテンツが登場しました。その名も「Indeed 就活2020/2021」。 もちろん通常のIndeedと変わらず求人専門の検索エンジンなのでIndeedだけでなく、インターネット上に掲載されている求人を検索する事ができます。 特徴は2つ!

  • 検索で出てくる求人は新卒採用の求人のみ
  • 検索ページはスマホのみ

Indeed 就活2020/2021では、新卒の求人のみを表示する仕組みになっているので、インディードで就活する人も簡単に新卒採用の求人を探す事ができます。もちろん、インターネット上にある求人を検索するので、マイナビやリクナビに掲載されている求人も検索可能です! また、検索ページはスマホのみとなっていて、スマホ利用の多い新卒が使い易くなっています。

新卒採用に使えるIndeed(インディード)の波に乗り遅れないで!

なぜ新卒採用にIndeed(インディード)が使えるのか?はいかがでしたか。就職を控える学生で
昨年4月に東京都でIndeed就活2020/2021を使って検索した求職者は約4000人。 今はまだ利用者の数は少ないですが、機能面や通常のIndeedの月間ユーザー数(求人サイトの月間ユーザー数No.1)を考えると、Indeed就活が新卒就活生の当たり前になる日は遠く無いのではないかと思います。
学生にとっては就活で使えるサイトにIndeedが加わりました。
Indeed就活が就職活動の当たり前になる前に早めにIndeed就活にシフトチェンジをして、競合他社に差をつけ、新卒採用を有利に進めましょう!  


採用について相談する


篠原 佑斗
篠原 佑斗

インビジョン株式会社で新規セールスやってます。 「人と人との良い出会いを作りたい」「地元群馬を盛り上げたい」そんな気持ちでコラム書いてます。 ちょっとでも役に立てたら嬉しいです! 【Twitter】@Shino_invision

求人原稿の書き方がわかるブックプレゼント

求人原稿の書き方がすべてわかる「極秘資料」を無料でプレゼント

「求人原稿の書き方がわからない!」「とにかく応募が来る原稿の書き方が知りたい!」という方必見。
年間2500応募を集めるインビジョンが、理想の求職者から応募が来る求人原稿の書き方を伝授します!
▼具体的な内容
・応募が来ない求人原稿の特徴
・インビジョンの採用実績
・インビジョンの原稿作成方法
・求職者・お客様の声

期間限定ブックの為、いますぐお問い合わせください。


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき