catch-img

Indeed(インディード)の無料掲載で応募を増やす3つの方法

Indeed(インディード)の無料掲載(オーガニック)でも応募を増やせます。なぜならIndeedでは無料掲載でも効果を出す方法があるからです。

IndeedのCMでは「無料掲載」を押しています。しかし、Indeedを利用する目的は「求人の掲載」ではなく、その先にある「応募」、そして「採用」。

今回のコラムは「Indeedを無料掲載でスタートし、最初の1・2週は応募があったがその後、来なくなった企業」の人事の方向けです。これから説明する応募を増やす3つの方法を実践すれば、Indeedの無料掲載でも応募が見込めます。 ただし、工数はかかります。

今回は「Indeedの無料掲載で効果を出して応募を増やす3つの方法」と題して、節約採用を紹介します。

ちなみに無料掲載を「オーガニック」という言葉で説明している場合もあるため、並行して表記しています。

目次[非表示]

    1. 0.1.Indeed(インディード)無料掲載(オーガニック)の特徴
      1. 0.1.1.求人掲載数が多い
      2. 0.1.2.無料掲載用ページ(直接投稿ページ)がある
      3. 0.1.3.検索結果への「表示のされやすさ」がコントロールができない
    2. 0.2.Indeed(インディード)無料掲載の効果、応募が来ない理由
      1. 0.2.1.表示回数・クリック数が少ない
      2. 0.2.2.求人情報が薄い
    3. 0.3.Indeed(インディード)で今すぐ応募を増やすための方法3つ
      1. 0.3.1.①求人情報を詳しく書く
      2. 0.3.2.②自社のホームページの情報を最新状態にする
      3. 0.3.3.③有料掲載に切り替える
    4. 0.4.求職者ファーストの求人情報にすることでIndeed(インディード)の無料掲載でも応募が増える


Indeed(インディード)無料掲載(オーガニック)の特徴

Indeedの無料掲載で効果を出して応募を増やす3つの方法を知る前に、今掲載している無料掲載でできることは何かを確認していきましょう。  

求人掲載数が多い

Indeedの無料掲載枠のことをオーガニック求人といいます。
このオーガニック求人は、あなたが自力でIndeedへ情報を入力して登録したものの他に、Googleなどの検索エンジンから自動で拾ってきた求人情報(各社有料媒体を含む)も表示されています。

無料掲載用ページ(直接投稿ページ)がある

IndeedのCMでひたすら推しているのが直接投稿ページと呼ばれる無料で掲載できる求人ページです。
これは主に自社に採用サイト、採用ページを持っていない企業を対象にしたものです。もちろん採用ページを持っていても掲載できます。 CMの効果もあり、オーガニックでの掲載件数は順調に伸びています。

検索結果への「表示のされやすさ」がコントロールができない

Indeedでは有料・無料に関わらず検索結果には混ざった状態で表示されます。そしてIndeedの有料掲載はその検索結果に表示されやすくなります。一方、無料掲載はどこに表示されるかわかりません。無料掲載の場合、検索結果への「表示のされやすさ」のコントロールは一切できません。

Indeed(インディード)無料掲載の効果、応募が来ない理由

おそらく、それでは、どうしてIndeedの無料掲載では応募が来ないのかを暴いていきます。

表示回数・クリック数が少ない

Indeedに掲載する上で気にしておくべきなのが、『表示回数とクリック数』。

無料掲載だけではクリック数を一定数担保できません。なぜならばさきほど説明した通り、無料掲載は「表示されやすさ」をコントロールできないからです。 Indeedでは「100〜200回クリックされて1件応募入る」ことを目安として考えましょう。

求人情報が薄い

Indeedの無料掲載している求人情報の大半が必要最低限の情報しか載せていません。

「とりあえず無料で出してみた」と求人情報に反映されています。 Indeedはキーワードが命。求人情報が薄いことはキーワードが少ないことにつながります。つまり必然的に求職者の目につく機会も少なくなります。

Indeed(インディード)で今すぐ応募を増やすための方法3つ

Indeed無料掲載で効果が出ない場合は以下の3つの方法を試してみましょう。

①求人情報を詳しく書く

無料掲載で応募が少なく感じたら、まずは求人情報を充実させましょう。
求人情報が充実になれば、キーワードが増えて、検索される可能性が高くなります。 クリックされたとしても応募がないと意味がありません。
応募が増える求人情報とは企業が伝えたい情報ではなく、求職者が知りたい情報を載せましょう。

②自社のホームページの情報を最新状態にする

求職者の8割が応募前に企業のコーポレートサイト(ホームページ)を見に来ます。求職者はIndeedの求人から直接企業のコーポレートサイトを見られます。
求人に興味をもってくれたのに、自社のホームページの情報がまったく更新されていなかったら求職者はどんな気持ちになるでしょうか。企業の採用ページが古い情報のままになっていないか、今一度チェックしましょう。

③有料掲載に切り替える

最後は有料掲載を始めるという手です。求人情報を詳しく書いたとしても、掲載する位置はランダムです。 せっかく時間をかけたのに、クリックされない可能性が高いです。

検索結果に表示されやすくなる有料掲載。 有料掲載は無料掲載の約5倍の集客効果のあるといわれています。  Indeedは「求人がクリックされるごとに設定したクリック単価分のチャージ額が消費される」というクリック課金制の料金システムのため、予算に応じて活用ができます。

求職者ファーストの求人情報にすることでIndeed(インディード)の無料掲載でも応募が増える

Indeedの無料掲載で効果を出して応募を増やす3つの方法はいかがでしたか。 いくらいい求人情報であっても求職者に届かなかったら意味がありません。 確実に届ける方法、それは有料掲載。それが難しいなら求職者の立場に立って、求職者の知りたい情報を載せて待つのみです。  


お問い合わせはこちら


採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき