catch-img

もう迷わない!Indeed(インディード)の有料掲載料金ガイド・費用まとめ

Indeedの有料掲載料金の予算をいくらに設定するればいいかわからないストレスから解放する方法があります。今回はIndeedの有料掲載に興味があるけど、いくらの予算にすればいいかわからないと悩んでいる人事・採用担当者向けに、料金・費用をまとめました。 すでにIndeedの有料掲載を始めている人事・採用担当者はぜひ料金・費用を見直してみてください。

目次[非表示]

    1. 0.1.「とりあえずIndeed(インディード)は無料掲載だけ」=「採用を急いでいない」
      1. 0.1.1.Indeedでは無料・有料に関わらず混ざった状態で表示される
      2. 0.1.2.有料掲載は表示をある程度コントロールできる
      3. 0.1.3.「無料掲載の様子を見てから」=「機会損失の時間を作る」
    2. 0.2.Indeed(インディード)の有料掲載料金に迷わないためには?
      1. 0.2.1.いつまでに何人か採用目標を明確にする
      2. 0.2.2.自社の採用率を把握する
      3. 0.2.3.職種の応募率を把握する
      4. 0.2.4.求人情報を見られるためにかかる費用を把握する(クリック単価)
    3. 0.3.Indeed(インディード)のクリック単価、職種別の応募率を把握するためには?
      1. 0.3.1.Indeedの直販に問合せをしてみる
      2. 0.3.2.Indeed代理店に依頼する
      3. 0.3.3.自力で数字を導き出す
    4. 0.4.ガイド不要!Indeed(インディード)の有料掲載料金はある数式で計算できる


「とりあえずIndeed(インディード)は無料掲載だけ」=「採用を急いでいない」

 「Indeedって無料掲載できるんですよね?」という問い合わせをいただきます。もちろん「掲載自体は無料」。ただし、募集に急を要している場合は無料掲載のみはオススメできません
なぜなら、無料掲載では応募が見込めないからです。正しくは応募数が計算できないからです。とりあえずIndeedは無料掲載という考えを持っているなら、すぐに有料掲載は必須であるという考えにシフトする必要があります。

Indeedでは無料・有料に関わらず混ざった状態で表示される

表示される求人にはある程度法則はありますが、定かではありません。そのため、Indeedには費用かけずに無料のみで応募を集めたいと思っても、数は予測不可能。ここだけの話、「とりあえずIndeedは無料掲載だけ」=「運任せ」です。

有料掲載は表示をある程度コントロールできる

Indeedの掲載は無料・有料に関わらず混ざった状態で表示されると書きました。しかし、Indeedの有料掲載にした場合はある程度コントロールできます。Indeedの有料掲載は無料掲載のものに比べて、検索結果に表示されやすくなる特徴があります。また求人情報の質やクリック単価によっても表示されやすさは異なってきます。

「無料掲載の様子を見てから」=「機会損失の時間を作る」

ここまで読めば「Indeedは無料掲載で様子をみてから効果が出たら有料にする」は せっかくの求職者と出会う機会を失っているを理解できると思います。 そのため、「とりあえずIndeedは無料掲載だけ」=「採用を急いでいない」につがなるのです。

Indeed(インディード)の有料掲載料金に迷わないためには?

 募集に急を要している場合は無料掲載のみはオススメできない理由はおわかりになりましたでしょうか。つぎにIndeedにかける予算について。
「Indeedの有料掲載の重要性はわかった、じゃあいくら予算・費用があるといいの?」になるはず。4つの要素がわかれば、Indeedの有料掲載料金・費用をいくらにすればいいか、みえてきます。

いつまでに何人か採用目標を明確にする

Indeedの有料掲載料金に迷わないための1つ目の要素は、いつまでに何人か採用目標を明確にするです。 Indeedの予算を決める際に採用目標人数は一番重要になってきます。採用目標人数がないと、そもそもの予算が計算できません。

自社の採用率を把握する

採用人数を明確にしたら次に把握するのは採用率。採用率とは一人の採用数に対する必要な応募数です。要は何応募があったら一人採用できるか。
たとえば10人からの応募があって、一人採用になる場合は採用率は10%になります。 採用目標が3人だったら30応募が必要という計算です。

職種の応募率を把握する

採用率の次は職種の応募率の把握。応募率とは1応募に必要な求人情報の閲覧数(クリック数)です。要は何クリックがあったら1応募できるか。 応募率は職種、地域、時期によって異なります。 たとえば150クリックがあって、1応募になる場合は応募率は0.7%になります。
必要応募数が30だったら4500クリックが必要という計算です。

求人情報を見られるためにかかる費用を把握する(クリック単価)

応募率の次は求人情報を1度見られるためにかかる費用の把握。Indeedは求人情報が見られると料金が発生するクリック課金型です。要は1クリックあたりにどのくらい費用がかかるか。 職種、地域、時期によって求人情報を見られるためにかかる費用は変動します。
たとえばクリック単価が100円の場合、4500クリックが必要となると予算は45万円となります。

【計算式】 予算÷クリック単価÷応募率÷採用率=採用人数

という式が成立します。 これらの要素がわかれば、Indeedの有料掲載料金を迷わずに計算できます。

Indeed(インディード)のクリック単価、職種別の応募率を把握するためには?

採用人数と採用率は自社で把握できますが、クリック単価と職種別の応募率の情報は公開されていないため把握するのが難しいです。 ではIndeedのクリック単価、職種別の応募率を把握するためにはどうすればいいでしょうか。

Indeedの直販に問合せをしてみる

運営会社であるIndeedに問合せて見るのも1つの手です。Indeedの営業担当と直接やり取りが発生、そのまま有料掲載の流れになるのが一般的です。

Indeed代理店に依頼する

Googleなどで「Indeed 代理店 選び コツ」で検索すると数多くのIndeed代理店が出てきます。 Indeedの直販と同様に営業担当がつきます。最適なプラン、料金、費用を提示してくれるでしょう。 Indeed代理店の良しあしは下記コラムでご参照ください。 

  Indeed(インディード)の運用担当が語る代理店選びに失敗しないコツ 数多く存在するrIndeed(インディード)の代理店。もし代理店の変更を検討中、はじめての代理店選びをしているなら必読!Indeedの運用者だからこそ語れる見極めポイントを赤裸々に書きました。 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


自力で数字を導き出す

最後は自力でクリック単価と応募率を導く方法。Indeedの有料掲載を始めるとある程度、クリック単価と応募率は算出できます。 ただし、どちらとも時期や条件によって異なるのでデータと呼べる数字にたどり着くには時間がかかります。

ガイド不要!Indeed(インディード)の有料掲載料金はある数式で計算できる

今回の「もう迷わない!Indeedの有料掲載料金ガイド・費用まとめ」はいかがでしたか。
これでIndeedにどのくらい費用・料金を出せばいいかの悩みは解消されたはずです。 改めてIndeedの有料掲載の費用は下記計算で算出できます。

「予算÷クリック単価÷応募率÷採用率=採用人数」

計算式があれば、とりあえずお試しの20万円という予算を出し方より、現実的な採用計画に則った費用が算出できます。 目標人数から割り戻したときに、思ったより費用が掛かると思った人事に朗報です。 応募率は改善できます。

重要になるのは応募率には採用のライティングテクニック。
Indeed直販は求人情報の書き方はアドバイスするものの、ライティング自体は行いません。Indeed代理店によってはライティング自体を代行するサービスもあります。 ちまみにインビジョンは採用計画からライティングまですべて行うIndeed代理店です。 相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。


採用について相談してみる


​​​​​​​


採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき