catch-img

不動産業界の採用事例有!Indeed(インディード)の料金・相場紹介



目次[非表示]

    1. 0.1.そもそもIndeed(インディード)とは
      1. 0.1.1.求人版Google
      2. 0.1.2.求人は無料と有料の2種類
      3. 0.1.3.有料はクリック課金制
    2. 0.2.Indeed(インディード)って必要?
      1. 0.2.1.月間ユーザー数が日本一
      2. 0.2.2.有料は無料の5倍のクリック数
    3. 0.3.Indeed(インディード)の運用料金を知る上で大事な4つのポイント
      1. 0.3.1.予算
      2. 0.3.2.職種
      3. 0.3.3.給料
      4. 0.3.4.案件数
    4. 0.4.不動産業界でのIndeed(インディード)の事例紹介
      1. 0.4.1.住宅営業①
      2. 0.4.2.住宅営業③
      3. 0.4.3.不動産営業
    5. 0.5.「不動産×Indeed×採用料金」の詳細は資料ダウンロード!

そもそもIndeed(インディード)とは

求人版Google

Indeedはタウンワークなどの求人媒体とは違い、WEB上に掲載されている求人をまとめたサイトです。 GoogleやYahoo!のような検索エンジンの求人専用版とイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

求人は無料と有料の2種類

Indeedの料金は

  • オーガニック求人(無料)
  • スポンサー求人(有料)

の2種類があります。 オーガニック求人とスポンサー求人では、それぞれ掲載枠があり、スポンサー求人が上位表示されるようになっています。 加えて、管理画面で効果測定が出来るなどスポンサー求人でしか出来ないメリットがあります。


有料はクリック課金制

 Indeedのスポンサー求人はクリック課金制です。 掲載している求人がクリックされるとあらかじめチャージした分から引かれる仕組みになっています。 チャージした分を使い切るまでは有料求人として掲載することが可能!

また、Indeedでは、採用状況に合わせてクリック単価をいつでも変更ができ、チャージした分が残っていてもオーガニック求人に変更できます。 採用成功した時点で無料求人に変更すれば採用コストの無駄が少ない!

Indeed(インディード)って必要?

 Indeedがどんなサイトなのか簡単に理解していただきましたが、

「Indeedじゃなくても良くない?」
「Indeedは無料で掲載出来るし、無料で十分だろ」

と思っている方もいらっしゃるかと思います。
しかし! 採用するならIndeed!Indeed出すなら有料! です!

月間ユーザー数が日本一

 Indeedの月間ユーザー数は、2895万人! 2位のタウンワーク(1286万人)に2倍以上の差をつけ、ぶっちぎりの1位。 ユーザー数が多いと言うことは、それだけ多くの求職者に見られる可能性が高い! 仮にIndeedと他媒体の運用料金が同じだとしても、1人でも多くの人に見られた方が良いですよね?

有料は無料の5倍のクリック数

オーガニック求人は無料で掲載できる反面こんなデメリットがあります。

  • 検索結果に表示されにくい。
  • 掲載から30日経過すると掲載停止されてしまう場合がある。

オーガニック求人では折角掲載しても効果があまり見込めません。 有料と無料では検索結果への表示されやすさが違い、スポンサー求人はオーガニック求人よりも検索結果上に表示されます。 そのため、スポンサー求人はオーガニック求人に比べ、約5倍もクリックされる回数が多いのです!

Indeed(インディード)の運用料金を知る上で大事な4つのポイント

Indeedでの運用料金はこれです!とは言えません。 運用料金は地域や採用時期、経験の有無など様々な条件のもと決まってくるものなので、一言で「運用料金はいくらです」とは言えません。 様々な条件で決まってくる運用料金ですが、中でも、

  • 予算
  • 職種
  • 給料
  • 案件数

がとても大切!

予算

予算は高ければ良いと言うわけではありません。 予算を上げて上位表示されるようにすると、多くの求職者が見ることが出来ます。しかし、志望度の薄い求職者にも多く見られてしまう為、予算の無駄遣いになってしまいます。 予算はいくらが適正なのか見極める力が必要! 予算を決めるために、これから述べる職種・給料・案件数を明確にすることが重要!

職種

職種によって応募のされ易さは変わってきます。 サービス業や介護関係の仕事は、求人に対して求職者が少なく、企業同士で取り合いをする事になるので、採用予算が高くなる傾向にあります。 逆に事務職は求職者の方が多いので予算が安くても採用できる可能性は高いです。

(例)不動産営業を採用したい。

下記グラフで不動産営業は販売の職業に当てはまります。不動産営業の求職者は、求人数に対して数が少ないので、採用予算が高くなりやすいです。 【出典】厚生労働省「職業安定業務統計」

給料

給料が高くても、休みが少なければ応募はあまり来ません。逆も同様です。 求職者の求める条件を提示することが大切! 不動産業界は他の業界に比べて、給料重視の求職者が多い傾向にあります。 基本給を高くするのはもちろんですが、インセンティブなどの成果報酬なども提示すると応募が来やすくなります。

案件数

案件数は多い方が予算は安くなります。 案件数が1つの場合、上位表示されないと求人を見てもらえないのに対し、案件数が多ければ、求職者に見られる確率が上がるので、予算を下げることが出来ます。

不動産業界でのIndeed(インディード)の事例紹介

 当サイトを運営する、インビジョン株式会社でIndeedの運用をさせていただいた不動産業界の企業様の実績の一部を表にしてみました!

住宅営業①

この不動産会社は福岡の企業様で、案件数は1つ。正社員募集の求人を2ヶ月間運用しました。予算は94,639円だったので、1ヶ月5万円以下の料金で運用できました。クリック単価は246円。応募率に関しては1%を超えています。

住宅営業③

この不動産会社は東京の企業様で、案件数は1つ。正社員募集の求人を3ヶ月運用しました。予算は1ヶ月あたり7万円弱と福岡に比べると高いですが、東京の方が採用単価は高い傾向にあります。応募率はなんと2%を超えています。

不動産営業

この不動産会社は全国に支店を持つ企業様です。全国に支店があり、案件数が多いため、クリック単価は46円、応募単価は5,658円となっています。運用期間は直近6ヶ月間のものになります。

「不動産×Indeed×採用料金」の詳細は資料ダウンロード!

今回は弊社でIndeedの運用実績のある不動産業界の企業様を3社、簡単に紹介させていただきました。 具体的な運用内容や運用効果実績などについて不動産業界を含めたその他の企業様についてまとめた資料を作成したので、 詳しく見てみたいという方はこちらからダウンロードお願いします。



お問い合わせはこちら

篠原 佑斗
篠原 佑斗

インビジョン株式会社で新規セールスやってます。 「人と人との良い出会いを作りたい」「地元群馬を盛り上げたい」そんな気持ちでコラム書いてます。 ちょっとでも役に立てたら嬉しいです! 【Twitter】@Shino_invision

求人原稿の書き方がわかるブックプレゼント

求人原稿の書き方がすべてわかる「極秘資料」を無料でプレゼント

「求人原稿の書き方がわからない!」「とにかく応募が来る原稿の書き方が知りたい!」という方必見。
年間2500応募を集めるインビジョンが、理想の求職者から応募が来る求人原稿の書き方を伝授します!
▼具体的な内容
・応募が来ない求人原稿の特徴
・インビジョンの採用実績
・インビジョンの原稿作成方法
・求職者・お客様の声

期間限定ブックの為、いますぐお問い合わせください。


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき