catch-img

Indeed(インディード)の検索アルゴリズムと表示されやすくするポイント

Indeed(インディード)の検索結果に表示されやすくなるような検索アルゴリズムは公表されていません。ただし、ある程度の傾向はあります。 今回はIndeedを利用しているけど思うように応募が伸びない人事・採用担当者向けに、Indeedの検索アルゴリズムと検索結果に表示されやすくするためのポイントを紹介。

目次[非表示]

    1. 0.1.Indeed(インディード)検索表示のアルゴリズム
      1. 0.1.1.【表示位置】Indeedの1ページ目に表示される=応募されやすい、ではない
      2. 0.1.2.【表示内容】検索する人によって表示結果が変わる
    2. 0.2.Indeed(インディード)に表示されやすくする3つのポイント
      1. 0.2.1.1:上限クリック単価を動かしてみる
      2. 0.2.2.2:求職者が検索しているキーワードを求人情報に入れる
      3. 0.2.3.3:求職者が知りたい情報を載せてクオリティを上げる
    3. 0.3.なぜIndeed(インディード)でクリックが集まらないのか
      1. 0.3.1.表示がされていない
      2. 0.3.2.関心の強い人に向かって配信できてない
      3. 0.3.3.表示部分の情報が極端に少ない
    4. 0.4.Indeed(インディード)のアルゴリズム理解より応募が増える求人情報が重要


Indeed(インディード)検索表示のアルゴリズム

Indeedの検索表示アルゴリズムはどうなっているのでしょうか。

【表示位置】Indeedの1ページ目に表示される=応募されやすい、ではない

まず、最初にお伝えするのは「1ページ目に表示=応募が入る」ではありません。 よく「Indeedに有料掲載したんだけど1ページに出ない」という声を聞きます。 ここで押さえておきたいのは  「Indeedに表示されやすくなる」とは「Indeed的にクリックされやすい位置に表示する」を意味します。 なぜなら上記の図で説明があるようにユーザー心理として「いろいろ見たい」が働くため、1ページ目に表示された求人だけがクリックされやすいわけではないからです。

【表示内容】検索する人によって表示結果が変わる

もう一つ、Indeedは検索するユーザーによって表示結果が変わるんです。 たとえばAさんとBさんが同じキーワードでIndeed検索したときに、Aさんは5ページ目に表示、Bさんには1ページ目表示される場合があります。 なぜなら、「検索している人の情報」を使って検索結果を表示させているから。 主に使っているのは

  • 検索キーワード
  • 位置情報
  • 求人情報の閲覧傾向(検索履歴
  • 検索キーワード

だけではなく、検索している場所や見ている求人情報の履歴なんかも使って表示されやすくするアルゴリズムがあります。 だから検索する人(端末)によって結果が変わる=より応募に繋がりやすい人に向けて求人情報を配信してくれる 興味を持ちやすいたくさんの人に求人を見てもらえるのです。  

Indeed(インディード)に表示されやすくする3つのポイント

続いて、Indeedで表示されやすくなるためのポイント。

1:上限クリック単価を動かしてみる

Indeedは上限クリック単価を設定して入札する仕組みです。 1週間程度様子を見つつ、上限クリック単価を上げたり下げたりしてみましょう。 単純に表示回数が足りていないから表示を広げる必要があるのか、それとも、より絞った配信をしたほうがクリックに繋がりやすいのかを検証します。 クリック単価を下げていってもうまく応募が入る、丁度よい単価を見つけることが肝心。 ちなみに、Indeed管理画面上の「表示回数」は、1日1000〜2000回台には乗りたいところ。

※もちろん職種、求人の件数によって目指す値も変わります。

2:求職者が検索しているキーワードを求人情報に入れる

職種と地域別に求職者が実際に検索しているキーワードがあります。そのキーワードを求人原稿に追加し表示回数を増やします。 キーワードについてはIndeedの直販または代理店によって提供されます(異なる場合もありますのでご了承ください)

3:求職者が知りたい情報を載せてクオリティを上げる

Indeedに掲載しているページのクオリティが検索結果に表示されやすいかどうかに大きく関わってきます。 写真や動画を掲載したり、情報をこまめに更新したり、求人原稿をより詳しく書き込んだり良いページだと評価されるにはさまざまな方法があります。 要は企業が伝えたい情報ではなく、求職者が知りたい情報を載せることによってIndeed上でクリックされやすい場所に表示されます。

なぜIndeed(インディード)でクリックが集まらないのか

Indeedに表示されやすくなるポイントを押さえてもクリックが集まらない場合があります。最後にIndeedでクリックが集まらないかを説明していきます。

表示がされていない

Indeed上で求人情報が、見てほしい求職者の検索画面に載っていないかもしれません。Indeedに表示されやすくなるためのアルゴリズムが、求人情報とそれを検索している人がマッチングしている!と評価していないと、表示されづらいです。 もし掲載中であれば、まず検索画面にどれくらい表示されているのかを知るために、Indeed管理画面上の「表示回数」の項目をチェックしてみて下さいね。

関心の強い人に向かって配信できてない

その求人、無駄に広く表示されているかもしれません。先ほど登場したクリック単価。 増額するとたしかに表示回数は増えますが、クリックにつながるとは限りません。 なぜならクリック単価を上げるほど、だんだん興味の薄い人にも配信がされるようになるから。 たとえば、まったく興味のないダイエット食品の広告がいくら表示されてもクリックしませんよね?それと同じです。

表示部分の情報が極端に少ない

その求人、2重でスルーされているかもしれません。検索結果画面にリンク付きで表示される文言はこんな↓2段階で大変重要な意味を持ちます。

  1. 「表示されているキーワードと、検索キーワードで関連性があるかどうか」を表示されやすさの一つの判断基準にしている。
  2. 仕事を探す人がクリックをするかどうかを決めるのは、表示部分の文言。

多すぎても表示しきれませんが、あまりにあっさりしているとスルーされてしまっているかも。

Indeed(インディード)のアルゴリズム理解より応募が増える求人情報が重要

「Indeed(インディード)の検索アルゴリズムと表示されやすくするポイント」はいかがでしたか。 Indeedの表示ロジック、仕組みを理解することは重要です。ただし、目的はIndeedへの表示されやすさではなく、応募です。 いくらIndeedのアルゴリズムを理解して表示されやすくしたとしても応募がなければ意味がありません。 Indeedは求職者のキーワードにマッチングした求人情報を提供します。提供した後に興味を持って応募するかしないかは求人情報の中身次第。 ターゲットを理解し、求める情報を入れましょう。



採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪

求人原稿の書き方がわかるブックプレゼント

求人原稿の書き方がすべてわかる「極秘資料」を無料でプレゼント

「求人原稿の書き方がわからない!」「とにかく応募が来る原稿の書き方が知りたい!」という方必見。
年間2500応募を集めるインビジョンが、理想の求職者から応募が来る求人原稿の書き方を伝授します!
▼具体的な内容
・応募が来ない求人原稿の特徴
・インビジョンの採用実績
・インビジョンの原稿作成方法
・求職者・お客様の声

期間限定ブックの為、いますぐお問い合わせください。


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき