catch-img

第二新卒採用にIndeed(インディード)が向いてる3つの理由


目次[非表示]

    1. 0.1.第二新卒とは?
    2. 0.2.第二新卒が辞める理由
      1. 0.2.1.第二新卒が辞める理由:人間関係
      2. 0.2.2.第二新卒が辞める理由:仕事内容
      3. 0.2.3.第二新卒が辞める理由:給与
      4. 0.2.4.第二新卒が辞める理由:ワークライフバランス
    3. 0.3.第二新卒採用にIndeed(インディード)が向いている3つの理由
      1. 0.3.1.キーワードマッチング
      2. 0.3.2.比較がしやすい
      3. 0.3.3.会社情報が見やすい
      4. 0.3.4.まとめると
    4. 0.4.Indeed(インディード)で採用効果を上げるためのポイント
      1. 0.4.1.有料求人で閲覧数UP!
      2. 0.4.2.求人原稿を濃密に!
    5. 0.5.第二新卒採用をする上での注意点
      1. 0.5.1.採用しても、すぐ辞めてしまうかも?
    6. 0.6.マッチング率の高い第二新卒採用するならIndeed(インディード)

ほかの求人サイトと比較してもIndeed(インディード)が第二新卒に向いている理由があります。

「バイト探しはIndeed♪」でおなじみのIndeed。
実はバイト採用だけじゃないんです!
結論を言ってしまうと、第二新卒採用にはIndeedが向いています!
その理由をこれからお話ししていきたいと思います。

第二新卒とは?



第二新卒とは一般的に、
就労経験(正社員として)があり、学校卒業後3年以内に退職してしまった、25歳前後までの比較的若い人材
のことを言います。
似たような言葉で「既卒」と言うものがありまが、既卒は1度も就労経験のない人材のことを言います。
最近では、新卒に比べ

  • 採用コストが安い
  • 就労経験があるので、教育コストが安い
  • 採用難易度が低い
  • 採用から業務開始までの期間が短い

などの理由から<strong>第二新卒採用が注目され始めています。

第二新卒が辞める理由



現在、新卒の約30%が3年以内に辞めてしまうと言われています。
なぜ、せっかく苦労して入った会社を辞めてしまうのでしょうか。

第二新卒が辞める理由:人間関係


学生として友人や先輩、先生たちと関わってきた新卒社会人にとって、会社の上司と関係性を築いていくというのは、これまでとは大きく違います。
1日の大半を過ごす会社で、周りに馴染めず苦労する新卒社会人も少なくありません。
幸運にも上司と仲良くできれば良いのですが、うまく距離を縮められず、それが悩みで辞めてしまう新卒もいます。


第二新卒が辞める理由:仕事内容


  • こんな仕事がしたい
  • 社会人てこんな感じだろう

と高い理想を持って入社した新卒社会人。
実際に働いてみて、

  • 思っていた仕事ではなかった
  • 想像していた社会人ではなかった
  • 仕事にやりがいを感じない

など、理想と現実のギャップが大きく、そこをなかなか埋めることができず、仕事を辞めてしまいます。


第二新卒が辞める理由:給与

お金は人間生活において切っても切り離せないものです。
社会人になると、自分でお金を稼ぎ、生活しなくてはなりません。
しかし、スキルも経験も無い新卒社会人の給料は、お世辞にも多いとは言えません。
「こんなに働いたのにお給料はこれだけ?」など、自分の仕事量にお給料が見合っていないと感じ辞めてしまうケースも多いです。


第二新卒が辞める理由:ワークライフバランス

  • 残業が多い
  • 休日出勤が常態化している

など、これまでアルバイトであらかじめシフトとして決められた時間に働いてきた新卒社会人にとって、決められた時間以外で労働を強いられることには大きな抵抗があります。
「時間外労働(残業)が多い」や「休みが少ない」などは転職を考えるきっかけになります。

第二新卒採用にIndeed(インディード)が向いている3つの理由


キーワードマッチング

上記したように、第二新卒は新卒で入社した会社になんらかの不満を感じ退職した、もしくは転職を考えています。
要するに、多くの第二新卒は次に転職する会社に対し、譲れない条件を持っています。

Indeedはキーワードマッチングなので、第二新卒の求める条件にあった求人を探せます!
例えば、「完全週休2日」と検索すると、完全週休2日の求人をAIがずらーーーーっと出してくれます!
そのため、
Indeedでは求人の条件にあった第二新卒からの応募が来やすい!


比較がしやすい

Indeedは、求人媒体とは違い求人専門の検索エンジンなので、掲載されている求人の数が他の求人媒体の約10倍!


また、Indeedはシンプルなデザインでできているので、求人が見やすく、条件検索している第二新卒にとっては、とても比較がしやすくなっています。
多くの企業の中から自分の条件に合う会社を見つけたい第二新卒が集まるのは容易に想像がつきます。


会社情報が見やすい

Indeedでは最近、条件などの載せた求人に、会社紹介ページを作ることが出来るようになりました。
文章だけでなく、写真なども使って伝えられるので、条件だけではない、会社の雰囲気や魅力などの情報を第二新卒に伝えられます。


まとめると


Indeedなら

  • キーワードマッチングで条件に合った第二新卒から応募がきやすい
  • 掲載求人数は求人媒体の約10倍
  • シンプルなデザインで比較しやすい
  • 会社の雰囲気や魅力も伝えられる

Indeed(インディード)で採用効果を上げるためのポイント


有料求人で閲覧数UP!

Indeedに掲載されている求人には、無料求人と有料求人の2種類の求人があります。
有料求人と無料求人では、

  • 掲載枠が違う。※もちろん有料求人が上位表示
  • 無料求人は新着順のため、他の求人に埋もれやすい
  • 有料求人はクリック単価の変更で、表示順位の調整可能!

その為、有料求人は無料求人に比べて5倍もクリック数(閲覧数)が多い!
せっかく求人出すなら有料求人がオススメ!


求人原稿を濃密に!

前述したように、Indeedでは、キーワードマッチングでAIが見つけてきてくれます。
しかし、掲載している求人にキーワードが入っていなければAIが見つけてくれないため、せっかく求人を出しても第二新卒の目には届きません。
自社が求めている第二新卒の条件や労働環境など第二新卒の目に届くように、原稿文は濃密にしましょう。
効果的な原稿作成や有料広告の運用が難しい・大変と感じたら、プロである代理店にお願いするのがオススメです!

第二新卒採用をする上での注意点



採用しても、すぐ辞めてしまうかも?

せっかく時間とお金をかけて、第二新卒を採用したとしても、前職のようにすぐに辞められてしまうと残念ですよね。
前職は条件が合わなかっただけで、今回は絶対に辞めないという保証はありません。
第二新卒を採用するときは、面接や面談で

  • 前職のどこに問題・不満を感じたのかを聞き出す
  • 自社の情報をオープンにした上でそれを解決しているかを確認する

など、またすぐに辞めないかなどを見極める必要があります。

マッチング率の高い第二新卒採用するならIndeed(インディード)

第二新卒採用にIndeed(インディード)が向いてる3つの理由はいかがでしたか。
すぐに辞めてしまうのではないかなど、懸念材料をある第二新卒ですが、前職で何かを感じたからこそ新卒より仕事に対する思いが強い第二新卒も多くいます。
これを機に自社に合った第二新卒をIndeedで効率的に採用しましょう!

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき