catch-img

いま注目の「HRTech」!導入メリットやサービスの種類を解説

現在、「人」と「テクノロジー」がビジネスの成長と会社が生き残っていくためのキーとなっています。テクノロジーが進歩し普段のビジネスではより効率化が進んでいますがその反面、人事の業務では時代に取り残されていると感じることがあるのではないでしょうか?

今回はそんな中、HR業界で注目されている「HRTech」を取り入れることでどのようなメリットがあるのか、なぜ注目を集めているのか?そもそもHRTechって何?何ができるの?ということをご紹介します。

目次[非表示]

    1. 0.1.HRTechとは?
      1. 0.1.1.「Human Resource × Technology」からくる造語
      2. 0.1.2.「〇〇 × Tech」が注目される背景
    2. 0.2.HRTechが活用されている主な3領域
      1. 0.2.1.1. 人事業務のデータ化・一元管理
      2. 0.2.2.2. 定型業務の削減・オペレーションの効率化
      3. 0.2.3.3. 組織活性化・従業員満足度の向上
    3. 0.3.HRTechの主なサービスの種類は?
      1. 0.3.1.1. 採用管理システム
      2. 0.3.2.2. 人材管理システム
      3. 0.3.3.3. 労務管理システム
      4. 0.3.4.4. 勤怠管理システム
      5. 0.3.5.5. 教育・育成管理システム
    4. 0.4.HRTechを導入するメリット
      1. 0.4.1.労働力の分析がかんたんにできる
      2. 0.4.2.データの入力ミスや重複ミスを減らせる
      3. 0.4.3.人事戦略の時間が増える
      4. 0.4.4.効率化されたオンボーディングができる
      5. 0.4.5.便利に安全な人事文書へのアクセスが可能
    5. 0.5.HRTechを導入するデメリット
      1. 0.5.1.活用できなければ意味がない
      2. 0.5.2.コストがかかる
      3. 0.5.3.セキュリティ面の対策が必要
    6. 0.6.自社にあったHRTech導入で、攻めの人事になろう

HRTechとは?

「Human Resource × Technology」からくる造語

人事・人材を表す「Human Resource (HR)」と技術という意味のある「Technology」をかけ合わせて生まれた造語が「HRTech」です。 人事領域でのテクノロジー活用を表しており、クラウドやAI、データ解析といったテクノロジーを活用し、多岐にわたる人事業務の効率化と質の向上を目指すサービス全般を指します。

「〇〇 × Tech」が注目される背景

近年、HRTechのみならず、「〇〇Tech」と称したサービスが発展しています。 例えば、金融と掛け合わせて「FinTech(フィンテック)」、教育と掛け合わせて「EdTech(エドテック)」などがあげられます。 「規制や常識にとらわれず、古くからある領域に対してテクノロジーを応用し新たな価値をもたらそう」 そんな考え方から〇〇Techは注目されているのです。 さらに日本では特に、

  • 少子高齢化による採用難、働き手不足
  • 働き方改革による働き方の多様化

こういった背景から、より少ない人数で企業を支える必要性が生まれ、業務効率・生産性の向上のためにテクノロジーを活用することに注目が集まっています。

HRTechが活用されている主な3領域

HRTechは大きく3つのカテゴリに分けられます。 ここからは、それぞれどのようにHRTechが活用されているのかを解説していきます。

1. 人事業務のデータ化・一元管理

社員それぞれの個人情報や評価、異動歴などのデータは、量が膨大なだけでなく、プライバシーの保護、適切なタイミングで取り出せるかなど、管理が難しいものです。 HRTechを導入すると、これら「人」にまつわるあらゆる情報をデータ化し、コンピューターの中に集約・一元管理できます。 また集約したデータを分析して、人事戦略に役立てることも可能です。

2. 定型業務の削減・オペレーションの効率化

人事業務につきものである、入社や退社、昇進、出産などに応じた労務管理に代表される定型業務。 人事担当者はこのような定型業務に膨大な時間を費やしてきました。 また、社員にとっても、手続きに必要な書類を記入、不備があれば修正、再提出、など時間がかかってしまう業務です。 HRTechによって、書類の記入・提出がWebでできるようになったり、データの更新・変更が簡単になったりと、定型業務にかかる時間の削減や効率化が可能になります。

3. 組織活性化・従業員満足度の向上

優秀な人材の確保が難しくなってきている今、自社への貢献意欲や愛着といった「従業員エンゲージメント(Employee Engagement)」を高めることは企業にとって大事なポイントといえます。 HRTechのサービスの中には、そういったエンゲージメントに焦点を当てたサービスも多くあり、マネジメントなどに活用されています。 上記に書いたようなデータ分析や定型業務の効率化に重きを置いたサービスも、社員にとってのストレスを減らしていくという意味では、エンゲージメントを高めるサービスともいえるかもしれません。

HRTechの主なサービスの種類は?

 

1. 採用管理システム

採用業務に関連するサービスは、「採用管理システム」または「応募者管理システム(Applicant Tracking System : ATS)」と呼ばれます。 応募者の履歴書やメールのやりとり、面接の評価データや進捗状況など、採用におけるデータを一元管理できるのが特徴です。 また、そのデータから選考通過率や内定承諾率などを分析することも可能です。

  【PR】IndeedやGoogle for jobsへ一括で求人掲載する方法 | 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア 驚くほど簡単にIndeedやGoogle for jobsに掲載する方法があったんです。しかも無料で! 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


2. 人材管理システム

「タレントマネジメントシステム」とも呼ばれている、人材管理に関するサービス。 入社した日はいつか?どこの部署に配属されていつ異動した?評価は?退職理由は? など、従業員に関する情報を一元管理するサービスです。 さまざまな切り口でセグメント分けが可能なので、組織ごとの人員構成を見て傾向や問題を把握したり、平均勤続年数や離職数などから離職の要因分析にも役立てることができます。

3. 労務管理システム

労務管理システムは、保険や給与計算などの各種手続きを支援するシステムです。 サービスの多くは、ウェブ入力でオンラインで各書類を作成できます。 いろいろな手続をシンプルに行えるため、労務担当だけでなく、従業員の運用工数も大幅に削減できます。

4. 勤怠管理システム

社員の勤怠状況を管理するシステム。 さまざまな打刻方法に対応したサービスが多く、勤務体系が多様な企業でも、正確な勤務時間を把握できます。 給与計算ソフトと連携させたり、休暇や残業の申請を行ったりと、さまざまな業務の簡素化・工数削減が可能です。

5. 教育・育成管理システム

内定者研修や入社研修、リーダー・マネージャー研修など、教育・育成に関する領域では、「学習管理システム(Learning Management System : LMS)」と呼ばれるサービスが提供されています。 これは学習教材を配信したり、受講状況や成績を管理するシステムで、社員のスキルアップを支援できるだけでなく、教材費や会場費用などのコスト削減にもつながります。

HRTechを導入するメリット

 

労働力の分析がかんたんにできる

  • 人材を継続的に採用しているにもかかわらず、会社が思うように成長していない。
  • なぜ離職が続いているのか?
  • ​​​​​​​この人が離職した際に影響が出るコストはどれくらい?

そんな時、人事はHRTechのデータにアクセスして、何が起こっているのかを調査し、原因を判断できます。情報をデータベースに保存しておけば、コストだけでなく、長期的に活躍している従業員の特徴も追跡できます。必要なときにすぐに利用できる労働力分析を持っていれば、今後の事業計画も立てやすくなるでしょう。

データの入力ミスや重複ミスを減らせる

例えば

  • 給与計算
  • 福利厚生
  • 休日休暇
  • 人事関連の政府報告書
  • 業績評価

などを紙ベースのシステムや複数のシステムで管理している場合、人事もしくはその他の社員がデータを手入力している可能性があります。

手作業でのデータ入力は時間がかかるだけでなく、エラーが発生しやすいものです。HRTechを利用することで、無駄に感じるようなタスクを自動化し、情報をHRTechに統合することで、人事業務をより効率的かつ正確なものにすることができます。

例えばHRTechを利用すると、社員が新しい福利厚生を選択した場合、その変更は自動的に給与控除に反映されるため、手動で更新する必要はありません。

人事戦略の時間が増える

HRTechを導入すると紙ベースのシステムや複数のシステムを利用することが無くなるため、人事はデータ入力や管理業務から解放されます。そこで生まれた時間を、より社員を成長させるの計画を立てる時間に使ったり、優秀な人材を見つけて会社に定着させるためのサポートをしたりするなど、会社の収益を生み出す活動に集中できる時間が増えます。

効率化されたオンボーディングができる

新入社員のオンボーディングをスムーズに行うことで、新入社員が新しい業務に早く慣れられ、会社の第一印象も良くできます。

例えばペーパーレス化を可能にするHRTechを使うと、電子的な文書保持ができるため、採用した新入社員全員の必要な情報を簡単に管理することができます。そうすることで新入社員は、入社初日の大半を書類を記入する時間に使うのではなく、新しい仲間に会い、仕事について学ぶ時間に費やせます。

【オンボーディングって何?という方はこちらをチェック!】

  オンボーディングとは?時期ごとに具体的な施策を紹介! | 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア 受け入れや研修体制が整っていないと、早期退職率が高くなったり、新人の戦力化に時間がかかってしまいますよね。今回は、オンボーディングの意味や意義、時期ごとの具体的な施策を紹介します! 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア



便利に安全な人事文書へのアクセスが可能

HRTechを使い電子記録として保管しておけば、鍵のかかったデスクの引き出しに保管されている書類よりも安全です。パスワードで保護されおり、火災や洪水でデータが紛失することもありません。またHRTechにすべての従業員のデータを安全に保管しておけば、ある社員を解雇した場合でも、後々データが必要になったら、その情報にアクセスできます。

HRTechを導入するデメリット


そんな便利なHRTechですが導入するにあたりデメリットはあるのでしょうか?

活用できなければ意味がない

急速に普及が進むHRTechですが、参入企業が多いがゆえに、多種多様なサービスが提供されています。 自社のビジネスモデルや、組織課題を把握し、それに合ったサービスを見極めなければなりません。 また、せっかくHRTechを導入しても、活用しきれなければ意味がありません。人事戦略の中で、HRTechをどこに位置づけて、どのように活用していくかをしっかり決めてから導入する必要があります。

コストがかかる

どんな新しい技術でも同じですが、新しいシステムを導入するにはコストがかかります。

セキュリティ面の対策が必要

他のコンピュータ技術やデータベースと同様に、ハッカーが情報にアクセスして悪用されるリスクがあります。従業員はさまざまな個人情報を雇用主に提供しているため。セキュリティを侵害された場合は壊滅的な結果になる可能性があります。それにより会社によってはシステムに詳しい人物を採用する必要が出てくるかもしれません。

自社にあったHRTech導入で、攻めの人事になろう

今後もHRTechの市場は拡大し、さらに多様なサービスが提供されていくと考えられます。 テクノロジーでカバーできる領域が増えるほど、「人にしかできない」領域での差が開く時代になっていくと言えます。   HRTechをうまく導入・活用すれば、自社の未来を見据えた人事戦略をたてて実行する「攻めの人事」になれるのではないでしょうか。  


HRTechについて相談してみる

採用ハック編集部
採用ハック編集部

「採用できる会社をつくる」をコンセプトに 企業の人事、採用担当に向けて、人材業界の最新情報や求人市場の動向、求人広告掲載のお役立ち情報、採用課題を解決に導くコンテンツなどを発信♪


Seminar
おすすめセミナー


Ranking 人気投稿


Keyword キーワード


Tweet 中の人のつぶやき