catch-img

外国人を採用したいならFacebook最強説

日本で働きたいと思っている外国人の多くは、母国とは異なる文化や環境の中で挑戦したいという覚悟を持っています。そのため、人一倍勉強や仕事に熱心な方が多いです。
そんな外国人社員を増やしたい、海外事業拡大のためにも外国人社員が欲しい!だけど、どんなことに注意が必要なのか、どうすれば外国人からの応募が増えるのか分からない...
といったお悩みのを持った皆様に、外国人採用における注意点、外国人からの応募を増やすコツをお伝えします。

目次[非表示]

    1. 0.1.外国人採用の求人を出す前のチェックリスト
      1. 0.1.1.不法就労させた側にも罪が課される
      2. 0.1.2.就労ビザがあるか確認しましょう
      3. 0.1.3.入社後のギャップを無くしておく
      4. 0.1.4.外国人社員のキャリアアップを真剣に考える
    2. 0.2.外国人の応募を集める工夫
      1. 0.2.1.外国人が求めることをおさえて求人を打ち出す
      2. 0.2.2.外国人にとって助かるメリットを打ち出す
      3. 0.2.3.日本でしか学べない文化をPRする
      4. 0.2.4.求人に外国語を少し入れて書いてみる
      5. 0.2.5.外国人労働者がいる場合は求人に彼らの写真を乗せる
      6. 0.2.6.日本語能力試験の目安を書く
    3. 0.3.求人出すならFacebookを使おう
      1. 0.3.1.外国人採用するならFacebookが最強!

外国人採用の求人を出す前のチェックリスト


不法就労させた側にも罪が課される

下記、入管法第73条の2項より、不法就労した者だけでなく、不法就労させた側にも責任が問われるケースがあります。

第73条の2  次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一  事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者
二  外国人に不法就労活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者

上記の他にも下記サイト等で採用前に、基準をクリアしているかチェックしましょう。
厚生労働省「外国人の雇用」

就労ビザがあるか確認しましょう

ビザの種類により就労できるものとできないものがあります。
たとえば、トレーナーとしての「技能ビザ」を持っている外国人をコンビニで働かせたり、「留学ビザ」を持つ留学生を資格外活動許可(アルバイトの許可)の取得なしに働かせたりすると入管法により「過失のないとき」以外は罰せられます。
上記は勘違いしやすいケースですが、知らなかったでは罪を逃れられないので注意しましょう。

ビザに関する詳細は下記をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/seido/anteikyoku/gairou/980908gai01.htm

入社後のギャップを無くしておく

日本企業の場合、入社後店舗や工場に配属され、数週間から数か月の研修を受けた後に正式配属となるケースが多いです。
日本に長く住んでいる人にとっては当たり前に感じるかもしれませんが、外国人にとっては思い描いていたものとのギャップを感じてしまいます。
そのため、企業側が外国人の育成やキャリアアップについてどのように考えているのかを採用前の段階で説明する必要があります。

また、すでに外国人の従業員の方がいる場合は、その方に実際に働いてみての良い点、悪い点を求職者に伝えてもらうなどすると、入社後のギャップが生まれにくくなります。
入社後前だけでなく、入社後にコミュニケーションを取りながら、本人のキャリアに関わる希望を聞いたり、改めて企業側から評価基準などの説明を随時すると、安心感を高められます。

外国人社員のキャリアアップを真剣に考える

外国人の退職理由の中に、日本人と同等のキャリアアップを望んでいたのに待遇差があったなどの「日本人と同等に扱ってもらえなかった」があります。
外国人だからという理由で、キャリアアップにつながらない仕事ばかりを任せてしまうと将来への不安から離職へとつながってしまいます。
面接時に、本人がどのようなキャリアアップを望み、企業側がどこまでその希望に応えられるのかを示せれば採用後のミスマッチが改善されます。

外国人の応募を集める工夫

外国人が求めることをおさえて求人を打ち出す

通常出している求人でもそうですが、ペルソナがどんなことを知りたいかをどれだけ求人原稿で表現できているかが大切です。
たとえば、多くの外国人の懸念点でもある「昇進のチャンスはあるのか」、「コミュニケーションは多く取る企業か」などが記載できれば、より求職者の不安を取り除けます。
また、既に外国人社員がいる場合は、どんなことが求人原稿に書いてあれば分かりやすいかも聞ければより改善されるでしょう。

外国人にとって助かるメリットを打ち出す

国や文化が異なると、時間の使い方や休みの時期も異なります。
宗教により、断食の時期や礼拝の習慣のある外国人社員に対しては、礼拝所を設けたり、就業時間を変更する配慮や春節に有給休暇を取得して帰国しやすくするなど、外国人社員の母国の休みの時期に合わせとより働きやすい環境になります。

また、コミュニケーションという面で、外国語を理解できる社員がいたり、社内イベント等で交流できる場を設けるのもも外国人にとってメリットです。

日本でしか学べない文化をPRする

日本で働きたい外国人の多くは日本の文化などに興味を持ってくれています。
企業が持つ日本らしい考え方や文化、または地元にある日本の文化などをPRすることで目を引いてもらえる可能性が高まります。
たとえば、「地元のお祭りなどのイベントに参加ができる!」、「名刺交換などの日本独自の作法を教えます!」など。

その他にも、日本の文化を学べる機会や日本語の資格取得等のフォローがあるとさらにプラスポイントになります。

求人に外国語を少し入れて書いてみる

外国に行ったときに日本語を見つけた時に嬉しくなったり、親近感が湧くように、求人原稿に外国語を入れてみると他の原稿との差別化にもなり、より見られやすくなります。
簡単な挨拶の一文でも、あるとないでは大きな差になるのでぜひ原稿に外国語を入れてみましょう。

外国人労働者がいる場合は求人に彼らの写真を乗せる

外国人社員の写真を載せると、自分の他にも外国人がいるという安心材料になります。
また、その輪の中に自分が入るという想像がよりしやすくなります。

写真は、ただ社員を並ばせたものではなく、業務外での様子など、ふいに撮った自然なものが好ましいです。

日本語能力試験の目安を書く

原稿にはおおよそ必要な日本語のレベルを記述すると、求職者にとって分かりやすいです。
多くの企業は外国人に求める日本語のレベルをビジネスレベルや母国語レベルのN1(日本語能力試験の最上級レベル)を求めていますが、外国人の中でN1を持っている方はそう多くありません。

そのため、企業側が日本語の資格を取得できる環境を準備するなどの対応を取り、入社後の成長を促す取り組みをするのも1つの手です。

求人出すならFacebookを使おう

外国人採用するならFacebookが最強!

スマホが普及してから多くの人がSNSを利用しています。
その中でも、Facebookの総ユーザー数は27億人で、Instagramの10億人、YouTubeの20億人よりも圧倒的に多い数です。
多くの外国人が日常で利用するFacebookの求人にアプローチしない手はありません!

現在、日本にいる外国人労働者数は146万人で前年度から約14%増加しました。(厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況まとめhttps://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03337.html」より)
今後も増加していく可能性が高いので、早い段階でFacebookの採用に取り組んでいくことをおすすめします。

下記に、Facebookの求人に対応した採用拡散ツールのURLを記載しましたので、よろしければご覧ください。


https://bit.ly/3lLWqIY 

シューネマン ゆうき
シューネマン ゆうき

インビジョン株式会社 沸騰屋 ちょっとしたドイツ語ならお任せあれ ひねくれで「当たり前」を変えています

求人原稿の書き方がわかるブックプレゼント

求人原稿の書き方がすべてわかる「極秘資料」を無料でプレゼント

「求人原稿の書き方がわからない!」「とにかく応募が来る原稿の書き方が知りたい!」という方必見。
年間2500応募を集めるインビジョンが、理想の求職者から応募が来る求人原稿の書き方を伝授します!
▼具体的な内容
・応募が来ない求人原稿の特徴
・インビジョンの採用実績
・インビジョンの原稿作成方法
・求職者・お客様の声

期間限定ブックの為、いますぐお問い合わせください。