catch-img

現役ライター直伝!即戦力(経験者)を採用できる求人の書き方

コロナ禍で未経験求人が減少していますよね…。求人数のグラフを見てみると以下のようにコロナを機に激減しています。


引用:転職マーケットの”今”を知る! 2020年9月17日発表 転職求人倍率レポート(2020年8月)

皆様もきっと即戦力欲しさに経験者の採用をしていたり、以前から長期にわたって経験者採用を続けているのではないでしょうか?

公務員試験なら経験者採用でも募集を出せば何百倍もの倍率で応募が入るのですが…民間企業ではなかなか難しいですよね…。きっと「ウチはJALやソニーみたいに大企業じゃないから応募が来ないんだろうか…」など気持ちが折れかかっている人事、採用担当、経営者の方もいらっしゃるのでは…と思います。


今回は「のどから手が出るほど欲しい経験者を採用するためのコツ」を現役の求人広告コピーライターが簡単に解説します!即戦力採用のノウハウが欲しい方、ぜひご覧ください!


目次[非表示]

    1. 0.1.経験者募集の求人に応募が来ない理由と改善案
      1. 0.1.1.求職者が転職するか悩んでいる
      2. 0.1.2.コロナ解雇・失業したばかりで途方に暮れている
      3. 0.1.3.応募基準に「経験年数」が書かれている
      4. 0.1.4.経験者採用なのに若手欲しさに年齢制限がある(※注意!求人のガイドライン違反です)
      5. 0.1.5.仕事のやり方を固定しすぎ
      6. 0.1.6.派遣会社や人材紹介会社を利用しない
      7. 0.1.7.経験者採用なのに待遇や雇用条件が悪い
    2. 0.2.経験者を採用できない、意外な落とし穴
      1. 0.2.1.運転免許必須がハードルを上げている
      2. 0.2.2.やたら面接や試験の回数が多い
      3. 0.2.3.書類の書き方、面接でアピールして欲しいことを伝えていない
      4. 0.2.4.入社後に頑張って欲しいことや社風を伝えられていない
      5. 0.2.5.面接担当者の合否の基準が人によって違う
      6. 0.2.6.コロナ禍で「在宅ワークができない」は致命的
      7. 0.2.7.「経験者なんだから、このくらいできるでしょ!」は採用地獄への入口
    3. 0.3.経験者を早く採用して、活躍してもらえるように今すぐ準備しよう
      1. 0.3.1.今すぐ実践できる!求人応募が来ない原因とその解決策
      2. 0.3.2.即戦力採用を急いでるならHRハッカー



経験者募集の求人に応募が来ない理由と改善案


そもそも、経験者募集をindeedなどに出していても応募が無いのは何故なのでしょうか?

実は原因が多数考えられます。一緒にチェックしていきましょう!


求職者が転職するか悩んでいる

  • コロナ禍で経済が不安定な中、本当に転職して良いのだろうか?採用市場も気になる…
  • この会社は経営が安定しているのだろうか?
  • 転職したいけど、自分のスキルレベルが低くて書類選考や面接受からないんじゃ…
  • コロナうんぬんよりも、なんかやりたいことがハッキリしないし、業界も業種も広すぎて、将来何で食っていくのか分かんないんだよね…むやみに転職できないな~
  • 試用期間中はアルバイト、契約社員スタートではあるものの正社員として雇ってもらえるのだろうか?

などなど、求職者には迷いが多いです!この迷いや悩みに寄り添って、安心させることが重要です!


【改善例:求職者の不安を解消する内容を書こう】

・経営状況が安定していることを証明する内容を求人票に記載する

例:総売上〇億円!資本金1000万円以上!

  仕事やお問い合わせも多数入っています!

  社員数も〇〇〇人以上!コロナ禍で賞与が月2か月分支給しました!など


・応募ハードルを下げる内容(事実)を敢えて追記する

極端な例:算数や数学が苦手でも、パソコンでデータ入力ができればOKです、入社後に大半がExcel関数やマクロを使いこなせるようになっています

  会社に1年以上在籍したことがあれば誰でも応募OK!!

  車の運転ができ、元気に挨拶ができ、マナーを守った面接での応対ができれば合格です


・やりたいことや夢、趣味もない人も活躍していますPRを書く

例)得意なこともない、好きなこともよく分からない…でもこの会社に入って、同僚が友達になって初めて音楽(ギター)を始めてみたり、自炊してみたり、海外旅行にもいってみました!ワークライフバランスが良い職場なので、仕事だけが趣味じゃない生活ができるようになって嬉しかったです!

このまま無職じゃいけない!と思って、ついに未経験スタートで〇〇を始めました。覚えることも多かったです…でも先輩から教わったことができるようになると嬉しくて、気づいたら主任クラスまで上達しました(笑)仕事に熱中している自分を想像したことが今までなくてビックリですが、褒められたり、感謝されることが自分のやりがいだと気づけました。これが私の天職です!!


・試用期間後に正社員になれなかった人がいるのかどうかを断言する(求職者に事前説明がないと求人詐欺!と言われて大きなトラブルになりますので、ご注意ください。)

例)試用期間は3か月ですが、営業未達(目標は1か月に2件)が続いた場合は正社員になれず、契約社員またはアルバイト期間が1か月ずつ延長されます。ほとんどの方は正社員になれますし、正社員登用のために研修も行いますので、ご安心ください。


コロナ解雇・失業したばかりで途方に暮れている

実は私も理不尽な理由で失業したことがあるのですが、私のように失業したその日から就職活動ができる人もいれば、雇用保険(失業保険)や社会保険から国民健康保険、国民年金に変更する手続き申請も必要な中、ショックでしばらく何もできない人や、うつ病などの精神的な病を患ってしまう人もいます。


予期せぬ解雇や失業はほとんどの方にとって大きな衝撃です。倒産はストレッサー第2位、転職はストレッサー第11位とかなり高いストレス点数になると言われています。

引用:出来事のストレス評価 - 日本精神神経学会


ただ、ストレスを受け入れ、徐々に回復していくと求職活動が始まります。スキルや経験がある人も中に入るので、たとえ求職の初速が遅かったとしても、彼らを認め、受け入れる器が企業にとっても必要です。


【改善例:大変な状況の求職者の事情を考慮して対応しましょう】

  • 履歴書不要にする:証明写真を撮影する気力もない可能性があります
  • 電話番号を書いておく:コロナで来社を渋る、気疲れでWEB面接ができない…ただ、電話は辛うじてできる!ということもあります
  • 面接官が面接に出向く:採用側としては手間がかかってしまいますが、近所のカフェやファミレスで面接をするなど、求職者に会いに行くと大変喜ばれます
  • WEB面接、面談の時間を夜遅くでもOKにする:朝は苦手でも夜なら手が空く、目が覚めている求職者もいるので、人事や採用担当者の出勤時間をずらしてでも求職者に合わせることも有効です!
  • ハロワ求人を出す:失業保険の申請でハローワークに行く求職者のためにも求人を出しましょう!今年はコロナで例年より求人数が減っているので目立つチャンスは大いにあります!

※ちなみにハローワーク求人の書き方(2020年版)はこちらです。


応募基準に「経験年数」が書かれている

経験者のペルソナ設定、ターゲット設定でよく経験年数を指定する方がいるのですが、ハッキリ申し上げて…それは「墓穴・自滅ルート」です。

世の中には多数の企業があります。A社で10年勤務している人のスキルとB社で3年勤務している人のスキルに大きな差があるように見えて、全く差が無い?!ということもあり得ます。求人を出した後、全く反響が無い場合は優秀な人材を妨げる表記があれば、今すぐ修正しましょう!


【改善例:具体的な経験やスキルで募集しよう】

NG例)デザイン歴3年以上の方

改定例)

→CADオペレーター、VecterWorksなどで〇〇の設計を月に〇件くらい担当していた方

→デザイン発案や修正で約10社ほど担当社数を任されていた人

→実際、施工したデザインによって集客率が上がった!などの実績がある方

→今までのデザイン、発想のほか、新しいデザインやセンスを取り入れていきたい方

→デザインだけでなくお客様との打ち合わせ(出張込み)に月〇件ほど参加していて、お客様とのコミュニケーションを取ってきた経験がある方


このように、現場で活躍してくれそうな人の定義を決めて言語化していくべきでしょう。これが難しいようでしたら、一度、現場の方とどんな人を採用したいかを新しい仲間と会社のためにもご検討いただくべきです。


逆に求めることが多すぎても応募に繋がりません。絶対に必要なスキルと経験やポテンシャルが何なのか、逆に欲を言えば必要なスキルや経験は何なのか、どんな人物像を思い浮かべているのかなど、現場業務と照らし合わせながら考案してみましょう!



経験者採用なのに若手欲しさに年齢制限がある(※注意!求人のガイドライン違反です)

無料で求人を自力で出せるツールが多数出ていることもあり、よくガイドライン違反になっているのが「経験者募集の年齢制限」です。

基本、求人には年齢制限を設けてはいけません。やむを得ず年齢制限をする場合は「社会人経験や職務経験は不問(完全な未経験者募集)」にしなくてはなりません。



【改善策:絶対に改定しましょう。その一択しかありません】

重要!!書きたくなってしまう「長期勤続によるキャリア形成(例外自由3号のイ)」による年齢制限のルール

  • 契約社員、アルバイト・パートの募集で年齢制限はできません!
  • 社会人経験や職務経験は不問(=完全な未経験)でなければなりません!
  • 経験者の募集(フリーター含む)で年齢制限はできません!
  • 職務経歴書の提出も必須にはできません!(任意ならOK)
  • 実務経験が必要な資格を必須にすることもできません(例:ケアマネージャー)


もし、このガイドラインを守っていなかった場合は、最悪…掲載審査に引っかかって求人が掲載落ちします!!indeedは特に日々、審査が厳しくなっていますので、絶対に気を付けましょう!


仕事のやり方を固定しすぎ

よくヒアリングしていると「うちはこういう仕事の流れなんです!この仕事はこうやっているんです!」とフローが1つしかない企業も見受けられます。そのやり方が本当に業務効率化に貢献していたり、最新のフローであったり、創業当初から受け継いできた黄金ワザであれば問題は無いのですが…「アナログで、どう考えても古めかしい手法のまま仕事を強要させている」場合は採用が難航します。

その仕事のやり方でやってきた経験者がいらっしゃれば良いのですが、経験者が好奇心旺盛で全く別のAパターン・Bパターン・Cパターンで業務をしてきた場合は「面倒くさそうな会社だなぁ…」と感じて応募しないことも散見されます。


【改善例:いろんなやり方を受け入れる姿勢を見せる】

例)歯科技工ではAという機械を使っています

もっと魅力的に)→歯科技工で今までAという機械を使用してきましたが、経験者の方がBやCの機械を使っていた際は、新しく機械の買い替えも検討していたので、面接時にどの機械で業務をされていたのか、お聞かせください。



派遣会社や人材紹介会社を利用しない

できるだけ自社採用を自社で解決したいお気持ちは山々でしょう。ですが、急募なのに対して長期にわたって採用できていない場合は現場で頑張っている方のためにも派遣会社や人材紹介会社の手を借りるべきです(エンジニア採用は特に!)時間をお金で買うという選択も人事や経営者には必要なのではないでしょうか。

【改善策:派遣会社や人材紹介会社に現状を相談し、採用サポートを依頼する】


経験者採用なのに待遇や雇用条件が悪い

既に即戦力採用に向けてあらゆる手を尽くしたのに応募が来ない方は、エリア内の他社求人を検索して見ましょう。ライバル求人の検索は簡単です!indeedの給与検索をご活用ください。※indeedに掲載していない方にもかなり有益な情報になります、絶対に検索して見てください!


検索してみたい職種名で検索してみましょう。例えば「介護士・ヘルパー」の場合、indeed内での平均値ですが国内では月給23万円が平均値と出ています。


検索後に、勤務地の箇所を変更する、給与を時給か日給か年収でも再検索できます。まずエリア内の平均以上が出ているのかを確認してみてはいかがでしょうか。


【改善例:もし競合求人に条件が負けていた場合】

  • 給料が少ない
    →確実に賞与が出せる、年収ベースなら競合に勝てる場合は年収表記に変えましょう
  • 休日数が少ない
    →年間休日が100日以上(有給休暇は除く)がある場合は有給休暇率が90%などの実績を出しましょう。年間休日が99日以下の場合はブラック求人を思われる可能性があるので職場環境をまず改善しましょう
  • 勤務時間が長い、残業が長い
    →固定残業代やみなし残業で支給している場合は定時で帰っている人がいるかどうか、実際の残業時間(月平均)がいくらなのかを明記しましょう。
    →固定残業代やみなし残業がない場合、残業代は全額支給という旨を記載した上で、残業時間を少なくする対策や取り組み(事実)を書きましょう
  • 通勤しにくい
    →送迎します、バスがあります、マイカー通勤OK、通勤手当(交通費)を手厚くするなど通勤のハードルを下げましょう!

などなど、弱点をカバーしたり、逆に良い点をPRしたりなど、作戦を考え直してみましょう!!


経験者を採用できない、意外な落とし穴



ただ、他にも経験者採用の難易度を自ら上げてしまっている原因があります。これに当てはまっていたら要注意です!


運転免許必須がハードルを上げている

建設業だと特に多いのですが重機運転のため、普通自動車第一種運転免許(MT)が必須になるケースがあります。しかし、現状では「運転免許の新規取得はAT限定が約6割!」と言われています。「東北地方北ではMT率が高まる」といった地域性も見受けられますが、それ以外ではMT免許をするとターゲットが60%減る可能性があります。どうしてもMTでないといけない場合を除けば、AT限定でもOKすると良いでしょう。


やたら面接や試験の回数が多い

  • 現時点で応募者が殺到していて選抜に莫大な工数がかかっている
  • ある一定の一般常識や学力が無いとできない職種を募集している
  • お互いのマッチングのためにも現場体験(兼職場見学)を入れている
  • 社長や専務、現場責任者に応募者を会わせる前に人事や採用担当のチェックが無いと安心できない理由がある

などの事情がある場合は良いのですが、応募も少ないにもかかわらず「国語や算数、英語の適性検査、性格検査まで行う、面接を2回以上する」など選考回数を多めにしている場合は要注意です。「できるだけ早く職に就きたい(欲を言うと即日勤務、翌日勤務)」という求職者を見逃す可能性が高くなるので、その選考で何を見極めたいのかを再検討しましょう。


書類の書き方、面接でアピールして欲しいことを伝えていない

  • 書類選考で不合格を出すことが多い
  • 面接で応募者がまともに回答できていると思えずに不採用通知を出すことが多い

この場合は求人票や採用ページに書類作成のヒントや面接時に質問することを敢えて暴露するのが有効です。「合格ラインを教えたら良い人が来ないのでは?」と思われがちですが、逆に「不合格ラインの人からの応募を抑止できる」メリットがあります。


参考例)クラスメソッド様

・求める人物像について

どんな要素が揃っている人を採用したいのか、シンプルにまとまっています。


・面接前チェックシート

面接が苦手な方もいるので、敢えて質問内容や面接前に確認すべきことが分かりやすく表記されています。


入社後に頑張って欲しいことや社風を伝えられていない

求人票にやることは書いてあっても「頑張って欲しいこと(期待)」が書かれていないと、経験者にとって「これは骨のある仕事(やりがいを感じる仕事)ではない」「入社しても、それ相応の職務や職位を得られないかもしれない」と見られる可能性もあります。逆に期待値が高い表現が多発している求人の場合は、応募ハードルが上がる分、給料相場と釣り合ってない場合は経験者に鼻で笑われるかもしれません。


また、仕事内容は詳しく書かれていても、社風や職場の雰囲気が伝わらない、採用ページ等に同僚や先輩の仕事観の記載がない場合は応募の決め手に欠けてしまうか、面接時に質問される可能性が高くなります。


面接担当者の合否の基準が人によって違う

こちらも現場でよく起こるトラブルです。コピーライターの私もまだ見かけます。

  • 人事は合格を出しているのに、社長や役員、専務の出す合格基準が高くて内定者がいつまでも現れない
  • 人事内に評価が厳しい採用担当者がいて、少しでも×がつくとお祈り判定を出してしまう
  • 現場では仕事ができそうな人が欲しいのに、面接担当者や経営者は会社の理念(ビジョン)への共感度ばかりを優先して採用している
  • 採用担当者の選り好みがあり、毎回採用される人が同じ(キャラが違う人が全く採用されない)

このような状況であれば、一度社内で腹を割って、新しい仲間の採用について議論をしてみてください。求職者も忙しい合間を縫って面接に来てくれたり、書類を仕上げてくれています。彼らのためにも合格ラインを統一しましょう!



コロナ禍で「在宅ワークができない」は致命的

コロナをきっかけに在宅ワーク(リモートワーク)を経験した方も多いですよね。実は在宅ワークが流行ったことで在宅ワークの継続を希望する人が多数いることが判明しました。


引用:在宅勤務の経験者、9割が継続希望 通勤ストレス軽く ビジネスパーソン700人調査(中)


在宅勤務を望まない人も少数で、50代以上の人ならいるようですが、基本は在宅ワークができることも求人にとっては大きなステータスとなるでしょう。在宅ワークを推奨していない企業であれば、まず在宅ワークを実現できるかを検討してみてはいかがでしょうか。

※在宅ワークの求人をindeedに掲載する場合は有料広告が必須です。



「経験者なんだから、このくらいできるでしょ!」は採用地獄への入口

面接で求職者に上から目線でコメントしてしまった、内定を出したから安心♪と何もフォローでずに高を括ってしまった結果、辞退をされてしまった…というのも、よくある採用での悲劇です。


【経験者にさようならと言われてもおかしくない、ちょっとした一言】

  • (経験者なんだから)このくらいできるでしょ?分かるでしょ?
  • (ホームページなどに何も書かれていないのに)ウチの商材のことくらい理解した上で面接に来てくださいよ~
  • なんだ、大卒じゃないのか~じゃあ、この話は難しかったね~
  • 〇年やってて、このスキルレベルなんですか?!うちではこのくらい新卒でもできますよ?!
  • 社会人歴〇年なんだから、もうちょっとしっかりしてもらわないと~

などなど、本音で向き合うことは良いものの、経験者を傷つける一言を言うのは絶対にやめましょう。


【絶対にやるべき!内定後、採用後のフォロー】

  • 現場社員との顔合わせ、職場見学(難しい場合は新人に渡す用の自己紹介シート、パンフレットを渡す)
  • 入社前に業務内容を一緒に確認する
  • 入社前に勉強しておいてほしい宿題、やってほしい課題などを渡す
  • 新人歓迎会(オンライン飲み会など)
  • 必要書類のチェックのついでに不安なことや困っていること、研修で知りたいことなどをざっくばらんに話す場を設ける

経験者も新しい職場では新人なので、Welcome感を伝えましょう!!求人票に応募フローを記載する場合は、採用後の流れも追記しておくと好印象です。


経験者を早く採用して、活躍してもらえるように今すぐ準備しよう



経験者採用に苦戦している皆様にとってお役立ち資料、リンクを集めましたので、こちらも参考にしてください。


今すぐ実践できる!求人応募が来ない原因とその解決策

・Indeedで採用活動するために知っておきたいこと”55″の事

  Indeedで採用活動するために知っておきたい”55″の事 | 採用ハック この資料を読めば、Indeedを完全にマスターできます。 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


・Indeedの効果が悪い時に確認すべき17の改善ポイント

  Indeedの効果が悪い時に確認すべき17の改善ポイント | 採用ハック なぜIndeedの効果が悪いかがわかります。 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


・戦略人事の業務を推進するロードマップテンプレート

  全国求人メディア月間ユーザー数ランキング100! | 採用ハック 全国求人メディアのユーザー数を完全網羅 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア


→人事業務を効率化しスピーディーに進めたいなら、ロードマップ作成が効果大!ロードマップを活用するとやるべき業務が明確化&進捗が視覚化できます!業務計画の実現度が格段にUPします。この機会に人事業務を整理してみてください!


即戦力採用を急いでるならHRハッカー


【HRハッカー☆おすすめポイント】

  • 応募者情報が見放題
  • 動画や写真も掲載ができる
  • 無料で4求人まで掲載ができる
  • 会社の社風や雰囲気を伝えられる採用広報Fledgeが求人票にも載せられる
  • 外国人採用もするならFacebookとも連携しているため有利
  • 今の組織の健康診断(組織診断)を無料で1か月お試しで使える(今いる優秀な社員を大切にするためにもぜひお試しください!)
  • indeedの有料広告費が一定以上あれば会社紹介ページ(CMPP/口コミサイト)としても利用できる


これ全部見直しても1か月以上、応募が無いよ…という方はお問い合わせください!

いやいや、そもそも社内で求人を見直す暇が無いくらい忙しいので、どなたか手伝っていただけませんか?(泣)という方、ぜひお問い合わせください。

  お問い合わせフォーム | インビジョン株式会社 採用ハックが運営しているインビジョン株式会社にお問い合わせが届きます。採用、ブランディングに関するお問い合わせがございましたら24時間365日受付中です。 採用ハック|人事が自走できる組織をつくるメディア






一緒俐(いおり)
一緒俐(いおり)

インビジョン株式会社のCS(カスタマーサクセス)にて求人広告の制作、採用広報記事の作成、採用ハックの執筆など幅広く担当中。合言葉は「トランキーロ!あっせんなよ!」 ▼note かっこいい大人たちの記録『ワークジャーナル★想集編』 https://note.com/iori_note4you

求人原稿の書き方がわかるブックプレゼント

求人原稿の書き方がすべてわかる「極秘資料」を無料でプレゼント

「求人原稿の書き方がわからない!」「とにかく応募が来る原稿の書き方が知りたい!」という方必見。
年間2500応募を集めるインビジョンが、理想の求職者から応募が来る求人原稿の書き方を伝授します!
▼具体的な内容
・応募が来ない求人原稿の特徴
・インビジョンの採用実績
・インビジョンの原稿作成方法
・求職者・お客様の声

期間限定ブックの為、いますぐお問い合わせください。